カード盗難紛失の対処法と準備

キャッシュカードが盗まれた!慌てずやらなければいけない対処法は?

 

キャッシュカードが盗まれたら、まずは利用しているカード会社に紛失したことを伝え、カードの利用停止を行いましょう。それが完了したら、念のため警察に被害届も出しておきましょう。被害届を提出していないと紛失した時の補償を受けることが出来なくなってしまいます。

 

キャッシュカードをなくすと、誰かに拾われて悪用される場合があります。

 

カード会社と警察への連絡を迅速に行うことで、被害に遭う可能性が低くなります。
紛失、盗難の相談窓口は24時間年中無休で受付しているので何かあればすぐに連絡を入れましょう。

 

こんな暗証番号は危険!キャッシュカードが盗まれてもひとまず安心にするには?

 

暗証番号の設定、管理をきちんとしていると、被害に遭ったとき補償してくれますが、暗証番号を利用してカードの決済が行われていれば補償はしてくれません。

 

暗証番号は忘れないように生年月日や携帯電話の下4ケタ、簡単に覚えられるゾロ目などは、犯人にバレやすいので、最近では銀行や何かの契約する場合は使用できないようになっています。
暗証番号は他人に簡単にバレないように自分で気をつけ考えるようにしましょう。暗証番号が正しく入力されなければ引き出しはできません。被害の防止のためにこまめに暗証番号を変更することをオススメします。

 

最近では携帯からカードの利用停止をできるところもあり、携帯で簡単にロックがかけられます。
暗証番号にロックがかかった場合はロック解除の手続きが必要になります。

 

まずキャッシュカードをなくさないことが先決。キャッシュカードの保管方法を考えよう

 

キャッシュカードや通帳、印鑑などのを誰も使うことのない自分の下着の引き出しの底や、冷蔵庫などに保管する人は多いですね。
もし空き巣などに入られた場合は、そのような人が隠しそうな場所は必ず見られます。
対策として、カード、通帳、印鑑などは一緒にせずに別々の場所に隠すようにしましょう。

 

また、よく使うカードは財布に入れていると思いますが、すべてのカードを財布に入れてしまうと落としたときに大変になるので、使わないカードは他人にバレないところに保管しましょう。

 

紛失や盗難時にすぐに連絡できるように所有しているカード会社、銀行などの電話番号を携帯に登録しておくのもいいですね。

 

悪徳業者に引っ掛からないための闇金・金融犯罪への知識も必要

 

もしも闇金融に手を出してしまったら・・・


>>借金問題解決無料相談Q&Aへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン