メガバンクカードローンCMが多い理由

消費者金融から借りれない人を狙い撃ち!銀行はなぜ誰でも貸せる?

総量規制は年収の3分の1以上の借り入れができないように定めた制度で、消費者金融や信販会社、クレジット会社などが対象になっています。
この総量規制がネックになり消費者金融を利用できない人が多くなりました。

 

そこで消費者金融から借入できない人でも利用できるのが銀行のカードローンです。
銀行は銀行法が適用されるため総量規制の対象外になります。
なので、銀行の審査に基づいて、返済能力があれば年収の3分の1以上の借り入れも可能で、消費者金融から複数の借り入れがあり年収の3分の1近くの借り入れがあっても銀行のカードローンなら新規借入ができるのです。
安定した収入がある事、毎月の返済がきちんとできる事、年齢条件を満たしている事などの条件をクリアすれば融資してもらえるでしょう。

 

総量規制対象外について詳しくはこちら

 

銀行と提携する消費者金融が続出!そのメリットとは?

今では銀行と提携を組んだ消費者金融が多くなっています。
アコムなら三菱UFJ銀行のグループ
プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)なら三井住友フィナンシャルグループ
レイクなら新生銀行
などと提携しています。

 

提携の一番の理由は互いに儲かるからで、銀行にも消費者金融にもメリットがあるのです。
消費者金融のメリットは
・財政基盤が安定する事。
単独営業だと、収入源が金利と手数料くらいになってしまうので銀行と手を組むことで安定をものにできます。

 

・信頼を得られる事。
何といっても銀行は世間から信用があります。
消費者金融は「怖い」とか「信用できない」というイメージが世間には根付いてしまっています。
銀行と手を組むことでイメージアップにも繋がります。
・顧客を得られる事。
銀行を利用している顧客も共有できるようになり、利用者を増やすことができます。

 

銀行のメリットは
・消費者金融のノウハウを得られる事。
今までは大口融資をしてきましたが利用者が減ってきた今、少額融資にも取り組もうとしています。
しかし銀行には消費者金融のようなノウハウがないため、手を組むことで銀行もキャッシングやカードローンにも手を広げることができ、利用者を増やすことができます。
多くの銀行が住宅ローンの金利や各種投資の運用だけでは利益が上がらないのでキャッシングやカードローンの分野にも進出してきています。

 

互いに利用者が減っている今、生き残っていくために提携をし、助け合っていこうという考えなのでしょう。

 

銀行は総量規制対象外なので消費者金融で借りれない人もターゲットにできる!

貸金業法の改正により低所得者や専業主婦などの人が消費者金融を利用できなくなったり、総量規制の導入により年収の3分の1以上の借り入れができないなど、困っている人は多いでしょう。

 

そのような人を狙っているのが銀行のカードローン。
総量規制の対象外なので専業主婦(配偶者の収入があれば)や低所得者でも収入があれば申し込める可能性はあり、利用しようと思う銀行の口座を持っていれば優遇される事もあるので、消費者金融を利用できない人は銀行のカードローンを検討してみてください。

 

あなたにピッタリの銀行カードローンが見つかる!

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン