電子決済に革命?アップルペイのメリットとデメリット

iPhone7にフェリカ搭載で始まる、アップルペイって何?

 

2016年10月、満を持して、アップルペイというサービスが日本にも対応することになりました。
アップルペイとは、アップルがリリースする電子決済サービスのことをいいます。
10月7日に発売されたiPhone7シリーズにフェリカが搭載され、アップルペイにクレジットカードやプリペイドカードの情報を登録すると、電車やバスへの乗車はもちろん、QUICPayが利用できる店舗での買い物もできるようになります。
iPhoneだけでなく、Apple Watchで決済することも可能です。

 

アップルペイはどんなふうに利用できるの?おサイフケータイになる?

 

アップルペイは、おサイフケータイとしての役割はもちろん果たしますが、魅力はそれだけではありません。
ANAのスキップサービスにも対応しており、iPhone一つで飛行機に搭乗できます。
さらに、iTunes等でのアプリ決済ができたり、ホットペッパーグルメのギフト券を保存して利用できるなど、うれしいサービスがいっぱいです。
アプリを使えば、「モバイルSuica特急券」や、東海道・山陽新幹線で使用可能な「EX-IC」のエクスプレス予約もできます。

 

アップルペイを使うメリットとデメリットは?

 

では、アップルペイを使うメリットとデメリットについて、まとめておきましょう。
アップルペイを利用するメリットとしては、Suicaやクレジットカードなどを、iPhoneなどの機種一つにまとめられること、設定したクレジットカードからWallet内で直接Suicaにチャージできること、交通機関やQUICPay、iD対応店舗で利用できること、アプリケーションやウェブサイト内でも利用可能なこと、紛失・盗難されても遠隔操作によって不正利用を防げることなどがあげられます。
アップルペイが使えるネットショップも、じゃらんやギフティ、TOHOシネマズ、出前館、ベース、ミンネ、日本交通(全国タクシー)と様々です。
もし、iPhone7やAppleWatchを紛失、盗難されても、「iPhoneを探す」あるいは「iCloud.com」を使って紛失モードにするだけで、アップルペイの使用を一時的に停止できるだけでなく、新しいデバイスにSuicaのチャージ残高や定期券を移すことも可能です。
では、アップルペイのデメリットも、紹介しておきましょう。
まず、まだ対応している電子マネーやクレジットカードが多くないことです。
「楽天Edy」や「nanaco」「WAON」などの電子マネーや、「PASMO」などの交通系電子マネーに対応していないことを、不便に思う人もいそうです。
また、QUICPay搭載のnanacoカードなら、どちらもポイントが加算されますが、アップルペイは二重取りができません。
そして、iPhone7とApple Watchの二つのデバイスを持っている場合は、どちらか一つしか登録できません。
こうしたメリットとデメリットも踏まえて、アップルペイの利用を検討しましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン