マイカーローンを検討中なら知っておきたい残価設定型ローンの基礎知識

残価設定型ローンって何?どんな仕組みなの?

 

最近、ディーラーから新車購入をする際に、残価設定型ローンを勧められる人が増えているようです。
残価設定型ローンは、残価設定型クレジットあるいは残価設定型プランと呼ばれることもあります。
この残価設定型ローンは、新車を購入する時点で3年から5年後に車を買い換えることを前提に、新車価格から想定される下取り時の査定額を差し引いた金額を、決めた期限内に支払うという仕組みになっています。
そのため、新車購入後の支払い総額が少なくなり、月々のローンも安く、契約が終了した時点で、その車を買い取るか、再び新車を購入するかを選ぶことができます。

 

残価設定型ローンのメリットとデメリットにはどんなものがあるの?

 

とはいえ、残価設定型ローンにも、メリットとデメリットがあります。
まずメリットとしては、新車を半額程度で購入できること、そのため月々の支払額を安く抑えることができること、車検費用が不要なこと、まとまった頭金を用意しなくてもよいこと、3〜5年後に新車に乗り換えられること、通常のマイカーローンより金利が安いことがあげられます。
一方のデメリットとしては、走行距離が制限されること、きれいに乗っていないと追加料金を請求される可能性があること、カスタマイズすると査定が下がってしまうこと、3〜5年後に乗り換えせずに車の使用を続ける時には残金一括払いをしなければならないことがあげられます。

 

残価設定型ローンは、向いている人とそうでない人がいるので注意しよう!

 

残価設定型ローンのメリットとデメリットを比較すると、どんな人に向いているのかが見えてきます。
1カ月の走行距離が1000km以下である、車のカスタマイズに興味がなくそのまま乗り続けようと考えている、3〜5年という限定した期間だけ車が必要である、3〜5年後に新車に乗り換える予定がある人で、月々の支払額を減らしたい人には、残価型設定ローンが向いています。
自分の車の使用頻度やその後のライフスタイルの変化を考慮して、通常のマイカーローンよりメリットがあると思えば、利用してみるのもよいかもしれません。

 

銀行マイカーローンのメリット・デメリットはこちら

 

人気の低金利銀行カードローン一覧はこちら

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン