銀行カードローンのほとんどで採用されている残高スライドリボルビング払いってどんなもの?

月々の返済が一定!「残高スライドリボルビング払い」とは?

残高スライドリボルビング払いとは、毎月締切日の借り入れ残高に応じて変わる最低金額を払い続ける方法です。
現在のカードローンの返済方法において最も多い方式で月々の負担が分かりやすく、非常に手軽で安心できる返済方法です。

 

例えば締切日の残高が20万円以下なら毎月1万円の支払い額、締切日の残高が40万円以下なら毎月2万円ずつの返済という感じで、残高に応じて返済金額が変動します。

 

借り入れ金額が大きくなればなるほど毎月の返済負担も大きくなります。

 

これはどの銀行でも基本の返済方法となっており、ちょっと特殊なゆうちょ銀行のカードローンでも残高スライド返済方式となります。

 

なかなか元金が減らない!「残高スライドリボルビング払い」のデメリット

このリボ払いにはデメリットがあります。

 

〇高い金利
カードローンは他のローンに比べ銀行であっても金利が15〜18%と高めに設定されている所が多くなっています。

 

〇長期の返済期間
利用総額によって月々の最低支払い額は変わりますが、分割と比べると長期での返済になり長ければ長くなるほど利息もその分つき返済総額が高額になってしまいます。

 

〇低い借金意識
いくら買い物をしてもリボ払いなら返済金額が一定なので現在いくら借り入れをしているという実感がわきにくいのです。
毎月の返済額が一定ですから負担は少ないですがその代わり返済期間が延びることになるのです。

 

そして借入額が少ないと返済金額も少なくなり返済が楽になるような感じがしますが、返済額が少ないという事は元金への返済も少ないという事なので借り入れ残高がなかなか減っていかないという落とし穴もあります。

 

この返済方法は毎月の返済額や返済の仕組みを理解していないまま借り入れすると毎月返済をしていても元金はほどんど減っていないという事態に陥ってしまうのです。

 

「元利均等返済」と「残高スライドリボルビング払い」は支払い総額に大きな差がでることを知っておこう!

元利均等返済とは、元金と利息の合計額を返済回数で割って均等に返済する方法の事で、毎回の返済額が一定なので計画が立てやすい返済方法になっています。
元利均等返済は毎月の返済金額が多く返済の負担が大きいですが、その分支払い回数が少ないので支払い利息も少なく済みます。

 

ですから返済期間が長くなる残高スライドリボルビング払いと元金均等返済とでは、最終の返済総額も大きく差が出てくることになります。

 

一見返済が楽なように感じる残高スライドリボルビング払いですが、毎月の返済額が少ないが返済期間が長くなるので高い金利を支払ってしまうという事を理解しましょう。

 

支払い方法にはいろいろな方式がありますが、一番は自分に合った返済ができる方法を選び利用するようにしましょう。

 

デメリットも理解して探す銀行カードローン

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン