メガバンク、信用金庫、地方銀行…融資を受けるならどこが一番?

メガバンクと信用金庫、地方銀行で異なる特徴って何?

 

企業を経営する際、融資を必要とする場面はいくつもあります。
とはいえ、融資を依頼する先は、メガバンクや信用金庫、地方銀行などがあり、どこを選ぶのかを検討するのも重要です。
では、みなさんはメガバンクと信用金庫、地方銀行の違いを、明確に応えることはできるでしょうか。
まず、メガバンクとは広域展開をしている都市銀行のことで、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などのことです。
地方銀行とは、各都道府県に本店を置いている銀行のことで、地域経済には大きな影響力を持っています。
信用金庫とは、預金者が出資者となり、地域の繁栄をはかるために相互扶助することを目的に、非営利で運営されています。

 

融資を受ける場合、どういう基準で金融機関を選べばいいの?

 

融資を受ける以前に、企業の口座をメガバンクと信用金庫、地方銀行のどこに置くかを検討する必要があります。
日常的に入出金することを考えると、身近にある金融機関の方が便利でしょう。
社員の給与振り込みや支払い、預金の移し替えを考えると、手数料が安く済む金融機関を選ぶのが基本です。
ですが、企業経営をしているのですから、将来の融資についても念頭に置く必要があります。
融資の審査には、それまでの取り引き実績が影響するからです。
メガバンクは、融資を受ける場合も金利が安く、資金が豊富なことから大口の融資に強いです。
地方銀行は、信用金庫より金利が安く、地域密着型なので中小企業が高額な資金を必要とする場合に、希望に応えてくれる可能性が高いです。
信用金庫は、地域密着型なので、小さな会社の資金需要にも応えてくれるので、一社とはお付き合いしておくことをおすすめします。

 

事業規模に合わせて、融資が通りやすい金融機関を見極めよう!

 

融資を申し込む際には、自社の事業規模につりあった、金融機関に行うのが基本です。
例えばメガバンクの場合は、そもそも小規模のベンチャー企業に、事業資金を融資することは、ほとんどありません。そして、会社の業績が悪化したら、すぐに資金を引き揚げます。
地方銀行での融資は、保証協会が付いているものは基本です。メガバンクでは断られた保証協会付きの融資が、地方銀行では通ることがよくあります。
信用金庫の融資は、事業規模に関わらず実行してもらえる可能性が高いですが、一般顧客の預金が資金となっているので、金利が高くなっています。
こうした金融機関別の特徴を理解し、メインで取り引きする銀行をどこにするか決め、その上で融資を申し込むことをおすすめします。

 

 

銀行カードローン一覧はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン