とうとう改悪!ゆうちょ銀行の同行内手数料の有料化を検討中!

2016年10月からゆうちょ銀行も送金手数料を有料化へ!

 

2016年10月より、ゆうちょ銀行は同行利用者同士の送金手数料を有料にすることを発表しました。
これは、2007年10月の郵政民営化の際に無料化して以来、9年ぶりの復活ということになります。
2007年9月までは、郵便局に口座を持つ人同士がATMを利用して送金する場合、120円の手数料がかかっていました。
それを無料化することで、ゆうちょ銀行の利用者を増やすことが命題だったのです。
その送金手数料ですが、2016年10月以降はATM利用の場合は月3回までは無料、4回目から1回123円、ネットバンキングは月5回まで無料、6回目から1回113円が必要となります。
ゆうちょ銀行は、送金手数料がかかるのは月4回以上なので、顧客の90%には影響はないとしています。

 

ゆうちょ銀行が手数料有料化に踏み切った理由

 

ゆうちょ銀行が、同行利用者間の送金手数料を有料にする背景には、2016年1月の日銀のマイナス金利政策の導入があります。
ゆうちょ銀行は有価証券の運用益を収入源としており、マイナス金利導入で国債の利回りが大幅に低下したことから、2017年3月期の純利益が、前期と比較すると3000億円減ると試算されています。
ゆうちょ銀行のシステムを維持するだけで、年間500億円〜1000億円の費用がかかっていることから、送金手数料をもらうことで、多少なりとも費用を顧客に転換したいと考えたようです。

 

日銀のマイナス金利導入による損益を埋めるために、手数料の見直しが進む?

 

とはいえ、今回の同行利用者間の送金手数料の有料化で得られる収益は、数億円程度といわれています。
そのため、投資信託の販売などのサービスに関わる手数料にも、見直しをかける可能性が十分にあります。
ですが、9年前の郵政民営化でゆうちょ銀行が顧客を増やした背景には、送金手数料を無料化することで、ネットオークション業者の利用がアップしたがあります。
ネット銀行が乱立する現在、利便性や手数料の安さを優先して、ゆうちょ銀行からネット銀行へ顧客が流出する可能性を否定できません。
ネットオークション業者の中には、月1000回以上の送金を行うところも珍しくないので、そうした大口顧客が手数料の安さを優先して口座利用を減らせば、ゆうちょ銀行側の試算通りに進まないことも十分に考えられるのです。
とはいえ、マイナス金利政策による損益を埋めるためには、手数料の有料化を含めた見直しをせざるをえないのが現状です。
今後の、ゆうちょ銀行の顧客の動きが注目されます。

 

 

ゆうちょ銀行のカードローン『したく』の詳細はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン