ゆうちょ銀行が通常貯金の金利を0.02%に引き下げ!長期金利の低下が生活にどういった影響を与える?

マイナス金利政策って何? 銀行に預けたお金が減ったりするのか

 

2016年1月29日、日本銀行は金融政策としては初めて、「マイナス金利」を導入することを発表しました。
これまで民間金融機関は、日銀に対し一定比率以上の預金等を行うことを義務付けられていました。これを「準備預金制度」といいます。
ですが、有力な運用先がない民間金融機関は、日銀に義務付けられた以上の預金を行うことで、金利は低くても安全な運用を行っていたのです。
ですが、マイナス金利政策を導入したことで、民間金融機関の過剰な準備預金部分に対して、日銀に0.1%の利息を払わなければならなくなりました。
これにより、個人の預金金利が下がることは考えられますが、すでに預けてあるお金が減ることはありません。

 

マイナス金利政策で、ゆうちょ銀行やみずほ銀行が金利の引き下げを行った理由は?

 

マイナス金利政策の導入の受け、ゆうちょ銀行屋みずほ銀行などは預金金利の見直しを行い、定期預金の金利を引き下げました。
これは、民間金融機関の過剰な準備預金を預けたままだと損をしてしまうため、国債購入に回すところが多くなって価格が上昇しているにも関わらず、国債は満期時までにもらえる利息が変わらないため、結果として利回りが低下してしまうことが背景にあるようです。
民間金融機関が運用益を出せないことが、金利の引き下げにつながっているのです。

 

長期金利がマイナスになると、今後の生活にどんな影響が考えられるの?

 

現状では、普通預金や定期預金の金利の引き下げや、貯蓄性のある保険商品の保険料の引き上げ、国債で運用する投資信託の受付停止、銀行のATM手数料の引き上げ、これまで無料だったサービスに対する手数料の徴収などの影響が出ることが考えられます。
とはいえ、住宅ローンの金利が引き下げになるなど、メリットもあるのです。
預金に対する金利は期待できませんが、住宅ローンの借り換えなどを検討するチャンスです。
資産運用については、預金に期待しすぎない方がよいでしょう。

 

ゆうちょ銀行のカードローン・キャッシングについてはこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン