闇金の金利はどれくらいなのか?

闇金というと金利が高いというのは誰もが知っていることとなりました。
よって、表立って高金利の融資をうたう業者はなくなりました。
しかし闇金の金利は100〜500%というところが多いです。

 

金利が年実質5%、などと表記されているところもありますが、このようなところは実際この金利では貸してくれません。
最悪の場合、保証金や審査料などの名目でお金を振り込ませて、融資をしてくれないなどの場合があります。
また賃金業法では年109.5%を超える利息での貸し付けは、元金も利息も返済する必要がないとなっています。
よって、闇金は利息という形でなく、保証金や紹介料といった名目で利息を請求します。

 

昔はトイチというのがよく聞かれましたが、今はトサンが多いです。
これはトイチとは10日で1割の利息、トサンとは10日で3割の利息となります。
もし1万円借りていた場合、10日後には13000円の返済をしなければならないわけです。
もし10日後に返済できない場合は、さらに10日後、16900円、さらに10日後は21970円となり、1ヶ月で2倍以上の支払いとなってしまうのです。

 

10日後に完済できてしまうのであればいいのですが、ほとんどの場合は、ずるずると返済が遅れてしまいます。
そうすると、雪だるま式に金利が膨れ上がってしまうので、返済が難しくなってしまいます。
闇金で借りる場合は、短期間で完済しないと、返済は不可能になると思っておいたほうがいいでしょう。

 

悪徳業者に引っ掛からないための闇金・金融犯罪への知識も必要

 

もしも闇金融に手を出してしまったら・・・


>>借金問題解決無料相談Q&Aへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン