ヤミ金融の取立てから逃れる方法

貸金業規制法では取り立ての際の禁止事項というものがあります。
・午後9時から翌朝の8時までに正当な理由もなく取り立てに行ってはいけません。
・勤務先や子供の学校などに訪問や電話をしてはいけません。
・ほかのところから借りて返済をさせようとしてはいけません。
・連帯保証人でない親族を含めたほかの人に取り立てをしてはいけません。

 

しかし、ヤミ金融は存在自体が違法なので、貸金業規制法を守るようなことはありません。
このような禁止されている取り立ても平気で行います。

 

このような取り立てをしないといわれているソフト闇金(ソフト闇金とは?)といわれるところも、返済が遅れれば、当然厳しい取り立てをしてきます。
ヤミ金融からお金を借りてしまったら、完済しない限り、ずっと返済に追われるということを覚悟しておかなければいけません。

 

ヤミ金融からお金を借りてしまった負い目があるので、なかなか相談しにくいというのがあるようです。
しかしヤミ金融は違法なので、取り締まられなければいけません。
ヤミ金融からの取り立てに悩んでいる場合は、警察や消費者生活センター、弁護士などに相談しましょう。

 

借りたお金は返済しなければいけませんが、違法は高金利の返済や、違法な取り立てからは逃れることができるはずです。

 

周りの人に借金がばれたくないということで、法外な金利を支払っていることも多いようです。
しかし返済ができなくなって、執拗な取り立てをされるようになれば、自分の家族だけでなく、近隣にも借金をしていることがばれてしまいます。
一人で悩むようであれば、周りの人や、相談機関に相談するようにしてください。
今の時代借金の整理で周囲にばれるようなことはありませんから・・・

 

悪徳業者に引っ掛からないための闇金・金融犯罪への知識も必要

 

もしも闇金融に手を出してしまったら・・・


>>借金問題解決無料相談Q&Aへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン