改正貸金業法でヤミ金は排除できたのか

改正賃金業法は多重債務の増加が社会問題になったことと、ヤミ金を排除する目的で制定されました。
上限金利を20%以上にできなくすることや、貸し付けを行う業者は必ず信用情報機関への登録を義務としました。
そして貸し付けを行う場合、信用情報を確認し、年収の3分の1以上の貸付は行えないようにしたのです。
もしこれに違反した場合は、刑事罰の対象としました。

 

これでヤミ金の排除を狙いましたが、逆にヤミ金が増加したという報告もあります。
それは年収の3分の1以上は借り入れができなくなったことで、正規の業者から借りることができなくなった人が増えたためです。

 

特に個人事業主の場合は、決算書の提出が必要となり、今まで以上に借り入れがしにくくなりました。
零細企業の場合は、支払いから入金までの間のやりくりで資金が必要ということがあります。
そのときに今までは消費者金融で借りていたのが借りることができなくなり、ヤミ金にしか頼れないという状況になっています。

 

また専業主婦に貸し付けを行う場合は、配偶者の同意が必要となったので、内緒の借金というのができなくなりました。
そのような人もヤミ金から借りるしかなくなっています。

 

金融庁の調査ではヤミ金は減っているとしているが、実際はまだヤミ金を利用している人は多いというのが現状です。
零細企業の事業主や専業主婦のような少額の借主が、借りるところがない状況を打破しないことには、ヤミ金は減ることはないでしょう。
改正賃金業法の抜本的な見直しをする時がきています。

 

闇金ウシジマくんという漫画の大ヒットで闇金がカッコいいとか実はいい人かもなんて話を耳にしたりしますが、ヤクザがカッコいい、いい人という妄想と全く同類と理解しましょう。

 

悪徳業者に引っ掛からないための闇金・金融犯罪への知識も必要

 

もしも闇金融に手を出してしまったら・・・


>>借金問題解決無料相談Q&Aへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン