弁護士に依頼すると闇金の取立がピタッと止まる!? 過酷な取立がストップする理由とは?

闇金って何?闇金から借りたお金は返済しなくてもいいの?

 

闇金とは、金融業者から借り入れのできない多重債務者や破産手続きをした人をターゲットにしている、貸金業登録していない貸付業者のことをいいます。

 

貸金業を行う時には国や都道府県に事前に登録し、貸金業法に従って金利設定をした上で貸し付けを行わなければなりません。

 

ですが闇金業者は貸金業者として登録していないので、高利で貸し付けることができ、取り立ても厳しいことから、過去には一家心中事件も起こっています。

 

そうした背景があり、2010年6月に改正された貸金業法が施行され、闇金に多い年利109.5%以上の高金利の設定に対し、10年以下の懲役もしくは3,000万円以下の罰金、またはその両方が課せられることになりました。また、闇金業者と債務者の当該消費貸借契約は無効なので、利息は1円たりとも支払う必要はありません。

 

闇金業者は貸付を行うこと自体が違法であり、最高裁で「著しい高金利の場合、元本さえも返済の義務はない」という判例が出ていることから、元本の返済も不要なのです。

 

 

弁護士に闇金の相談をすると、取り立てがストップするって本当?

 

とはいえ、このような知識があったとしても、債務者が闇金業者を対峙して解決するのは難しいのが現実です。職場や近所に嫌がらせをする可能性が高いからです。

 

そんな時こそ、闇金問題に強い弁護士に相談することをおすすめします。なぜなら、弁護士が介入した後で債務者への取り立てを行うことは貸金業法違反となるため、受任通知を送った時点で、取り立てがストップするからです。文書を通知できない場合は、弁護士が電話で連絡をして、取立行為の中止を求めます。

 

もちろん、弁護士介入後はお金を支払う必要はありません。一日も早く、弁護士に依頼しましょう。

 

 

弁護士でも闇金対応できないところもあるので、得意な弁護士に相談しよう!

 

とはいえ、弁護士の誰もが闇金問題のエキスパートなわけではありません。弁護士の中にも企業法務を専門とする人、離婚問題が得意な人など、いろいろな方がいます。

 

まず、闇金問題に強い弁護士をインターネット検索などで調べて、無料相談を受けることをおすすめします。

 

闇金業者によっては、弁護士の介入後も取り立てや嫌がらせを続けるケースもあり、その場合は警察への情報提供や刑事告発、口座凍結など様々な手法で相手に圧力をかける必要があります。

 

そうした方法を知っている弁護士さんの方が、解決までにかかる期間も短く済みます。

 

法テラスなどに相談した場合、あたった弁護士さんが闇金問題に詳しくない可能性が高いので、きちんと自分で調べて相談先を見つけましょう。

 

 

悪徳業者に引っ掛からないための闇金・金融犯罪への知識も必要

 

もしも闇金融に手を出してしまったら・・・


>>借金問題解決無料相談Q&Aへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン