闇金の被害に遭わないために知っておきたい注意点

こうやって闇金は近づいてくる!闇金で借りさせる手口とは?

闇金といってもいろいろな手口の闇金があります。

  • システム金融
  • 090金融
  • 年金担保金融
  • 紹介屋
  • 整理屋
  • 押し貸し

などがあります。
FAX、新聞の三面広告、電信柱の張り紙、コンビニなどの雑誌の広告の勧誘や、電話などで優しく勧誘してきます。

 

もっとも怖いのは個人情報を入手していて、個人にダイレクトメールを送りつけてくる方法です。個人情報を入手していれば住所や電話番号、家族構成などがバレている可能性があるということです。

 

闇金は遠い存在と思っていましたが、意外と身近な所で行っているのです。

 

闇金に法律は関係なし!なぜ闇金は危ないのか?

一般的な消費者金融は国から貸金業と認められ、登録された会社が営業できるのですが、闇金はこれに属しません。

 

闇金はお金に困った人を狙っています。法外な金利で貸付けをし、無理な返済を要求してきます。
返済ができなくなると貸し付けた相手の家族や友人、勤め先の会社にまで取り立てに来てしまいます。

 

闇金はとにかくお金を回収しようとします。返済が出来ず恐ろしい取り立てから逃れるために新たに違う闇金から借り入れ、闇金の返済に当てる…このような事を繰り返しているとその先は借金地獄の道を歩んでしまいます。
このような人が闇金業者の獲物になりやすいのです。

 

完済のメドが立たないのに多数の闇金から借り入れを行うことは悪質な取り立てを行う闇金を増やすだけで、一時的にしか逃れることは出来ないでしょう。

 

闇金は簡単に貸してくれるが返済できなくなると恐ろしい!その危険性を十分に知っておこう

一番は闇金からお金を借りないことです。

 

最近ではホームページや携帯サイトなどの勧誘も多くなっています。
インターネットで申し込みできる消費者金融が増え、普通の消費者金融と闇金の区別がつきにくい事があり、誤って契約してしまうという事もあります。

 

もし闇金と知っていても、闇金と知らなく借りたとしても借金地獄の道を歩まないために、少しでも早く専門家に相談するようにしましょう。

 

闇金の事を弁護士に相談して処理をしてもらっても債務整理を行わなければ信用情報がブラックになる心配はありません。

 

闇金の解決に詳しい弁護士や司法書士がいます。そのような専門家に依頼すると、一般の消費者金融からも借り入れをしている場合は闇金業者だけを処理してくれる弁護士もいます。
そのような場合は一般の消費者金融の返済は続いて返済していかなければなりません。

 

闇金に足を踏み入れてしまうと自分だけではなく、周りの人にも迷惑がかかり、悪質な取り立てに精神的にも追い詰められてしまうので、闇金を利用しないようにしましょう。

 

悪徳業者に引っ掛からないための闇金・金融犯罪への知識も必要

 

もしも闇金融に手を出してしまったら・・・


>>借金問題解決無料相談Q&Aへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン