投資でよく聞く「ミセス・ワタナベ」ってなに?

世界で使われる「ミセス・ワタナベ」ってどんな意味?

 

 

外国為替市場で、よく「ミセス・ワタナベ」という言葉が使われます。
これは、主婦を中心とする日本の個人投資家のことをいいます。
「ミセス・ワタナベ」のトレードスタイルは、円キャリートレードです。
キャリートレードとは、金利の低い通貨を借りて、金利の高い通貨で運用し、その金利差で稼ぐという方法です。
世界的に見ると日本円は低金利なので、それで外貨を購入し、金利差で稼ごうとする個人投資家が増え続けています。

 

 

「ミセス・ワタナベ」が世界に注目された理由

 

 

「ミセス・ワタナベ」が注目を集めるようになったのは2007年頃で、主婦やサラリーマンなど個人がFX市場で取り引きを行い、マーケットに影響を与えたことに、海外のディーラーやマスコミが驚いたことがきっかけです。
日本の個人投資家が、金利の高いオーストラリアやニュージーランドのドルを使った取り引きに集中したことで、ニュージーランド中央銀行が為替介入する事態になっています。
これを受け、「ミセス・ワタナベ」狩りという、日本の個人投資家のストップロスを狙う動きも加速しました。

 

 

ポンドを逆張りしていた「ミセス・ワタナベ」は、イギリスの国民投票の結果を受けてどうなったのか

 

 

そんな「ミセス・ワタナベ」は、イギリスのEU脱退の国民投票前に、ポンド買い/円売りというポジションを膨らませていました。これが、いわゆる逆張りです。
ですが、予想に反してEU離脱派が勝利した結果、ポンド/円のポジションは急落し、強制ロスカットが発生し、日本の個人投資家に大きな損失が生まれる可能性が高まっています。
スキャルパーという超短期売買をしている個人投資家は傷は浅く、中長期での投資がメインの層には多大な影響を及ぼしたと考えられます。
今後「ミセス・ワタナベ」はどう動くのか、気になるところです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン