三菱UFJ銀行でカードレスでスマホだけで現金引き出しができるようになる!?

三菱UFJ銀行が進める新たなサービスとは?

 

三菱UFJ銀行は、2018年春から、キャッシュカードなしで現金自動出入機(ATM)から現金が引き出せるサービスを提供できるよう、スマートフォンで本人確認をするシステムの開発を始めました。
これは、キャッシュカードや印鑑は偽造されることが多く、不正な引出しが後を絶たないことから、セキュリティ技術が向上したスマホを使って、安全性を高めたいという考えから生まれた発想です。
日本の携帯電話の普及率を考えると、こうした取り組みが始まるのは自然なことかもしれません。

 

スマホを使ったカードレスATMのしくみって?

 

では、スマホを使って、どのように現金を引き出すのでしょうか。
三菱UFJ銀行が考えている、スマホを使ったカードレスATMのしくみですが、まず顧客が専用アプリをダウンロードすることから始まります。
そして、スマホの近距離無線の国際規格である「NFC」で、自分の運転免許証の氏名、住所、生年月日などのデータを読み取らせ、申し込みをすると手続きが完了します。
その後、三菱UFJ銀行から取引開始の通知書が届き、その上でICキャッシュカードが送付され、それで本人確認を行います。
この手続きが済んでいる顧客は、2018年より、三菱UFJ銀行のインターネットバンキングで使用しているIDなどを登録することで、スマホをキャッシュカード代わりにできるようになるのです。
その際、スマホを起動してパスワードを入れるだけでなく、指紋認証も行い、暗証番号も入力することで、現金を引き出せるしくみになるそうです。
この専用アプリのダウンロードはすでに始まっており、受け付けは24時間で、その際に印鑑は不要です。

 

三菱UFJ銀行が進めるカードレスとシステム導入後に懸念されるリスク

 

このサービスに登録すると、スマホが身分証明書の役割を果たすので、定期預金の解約や住所変更など、これまで窓口でしかできなかったサービスが、印鑑がなくてもできるようになるのは、顧客にとっても大きなメリットになるでしょう。
三菱UFJ銀行にとっても、書類仕事が減りますし、窓口業務の軽減につながる可能性もあります。
一方で、これまで以上にスマホの役割が増すと、故障や紛失した際に、日常生活に支障が出ることが懸念されます。
その点を踏まえて、利用の可否を検討する必要がありそうです。

 

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の詳細はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン