住宅・事業ローンではおなじみの用語「つなぎ融資」とは?

よく聞く「つなぎ融資」って何のこと?

 

住宅ローンや事業資金の資金繰りが難しく、新たな借入を起こすことを「つなぎ融資」といいます。
この背景には、支払いと入金に基づいた資金繰り表が作成されていないことで起こります。
取引銀行ですぐに対応してくれる場合は問題ありませんが、場合によってはノンバンクからの借り入れが必要になることもあります。

 

「つなぎ融資」はどんな時に必要になるの?

 

住宅ローンでいうと、着工金や中間金の支払いでつなぎ融資が必要になることが多いです。
これは、金融機関の住宅ローンは、建物が竣工したものに融資されるため、建物ができ上っていない状態では融資が実行されないからです。
つまり、建物が竣工し、正式に住宅ローンが融資されるまでの間、つなぎ融資が必要なのです。
事業資金の場合は、入金の遅れなどで支払いが滞ることが予測される時などに、つなぎ融資が必要となります。

 

「つなぎ融資」には、デメリットもあることを理解しておこう

 

特に受託ローンの場合、つなぎ融資だけを金融機関が受けてくれることはほぼありません。
そのため、住宅ローンを組む金融機関で、あらかじめつなぎ融資を依頼しておくことが必要です。
ですが、すべての金融機関でつなぎ融資の取り扱いがあるわけではありません。
自己資金と必要となる前払い金を計算し、金融機関を選定することが大事です。
また、事業資金の場合は、緊急度によって高金利のノンバンクに依頼せざるをえないこともあります。
これらは、つなぎ融資のデメリットといえます。
短期間であっても、金利は発生しますので、借入先や返済計画を検討することが重要です。
そうした事態を考慮して、自己資金は多めにプールし、できるだけ融資金額を少なくすることを目指しましょう。

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン