利回り20%超も夢じゃない!?トランクルーム投資とは?

トランクルーム投資って何?不動産投資とは違うの?

 

近年、不動産投資を始めるサラリーマンが増えているようです。
不動産投資とは、利益を得るために不動産を購入し、家賃収入を得たり、購入価格以上の価格になったタイミングで売却し、売却益を得るという投資方法です。
そして最近は、トランクルーム投資の人気が急上昇しています。
トランクルームとは、ビルやコンテナの中をパーテーションなどで区切り、収納スペースとして貸し出すというものです。
トランクルーム投資の方法としては、物件を借りてトランクルームとして経営するものと、店舗やマンションを購入して経営するものに分かれます。
賃貸物件でトランクルーム投資を行った場合の利回りは20%以上、購入物件の場合でも15%以上の利回りが見込めると評判です。

 

トランクルーム投資のメリットとは?

 

トランクルーム投資もメリットとしては、賃貸住宅より稼働率が高いことがあげられます。
すべてが稼働しなくても、不動産投資のように利益が0円になることはないので、比較的安定しています。
また、不動産物件の場合は、入居者が退去した後、部屋のクリーニングやリフォームを行わなければなりませんが、トランクルームは多少傷ができても、問題ありません。
特に都心部のトランクルームの場合、住宅が手狭なものも多く、季節の洋服やアウトドア用品、会社の書類などを収納するために、トランクルームを利用する人が増えています。
まだまだ市場規模が伸びることが予想できますし、一度利用すると長期にわたるケースがほとんどなので、安定収入が見込めるのもメリットです。
初期投資の改修も、平均で5年程度と、不動産投資よりずっと早くなっています。

 

トランクルーム投資に失敗しないためにも業者選びは慎重に

 

ただし、トランクルーム投資を行ったからといって、すべての人が利益を得られるわけではありません。
利用者を増やすためには広告宣伝も必要ですし、預かったものをきちんと保管するためには、ノウハウも必要です。
そのため、トランクルーム投資を行うときには、管理をきちんと行って食える業者を選ぶことが重要です。
また、トランクルームは倉庫業にあたるので、保管している物品に対する補償義務を負うことになります。
また、倉庫業の場合は、営業時間内しか保管物を出し入れすることができません。
トランクルーム投資を行うなら、スペース貸しとして契約し、24時間365日、いつでも保管物が出し入れできる状態にする方がうまくいきます。
その点も踏まえて、契約業者を選定するようにしましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン