消費者金融が倒産したら借りていたお金はどうなる?返済しなくていいの?

消費者金融が倒産しても、借金がなくなるわけではない!

 

武富士、クレディア、アエル...の共通点は、すでに倒産した消費者金融であるということです。
現在、消費者金融から借入をしている人から見ると、借入先が倒産した場合には借金が免除になるのかどうかが、とても気になりますよね。
結論から話すと、消費者金融が倒産しても、借主の借金の返済が免除されることはありません。
武富士やクレディア、アエルは倒産しましたが、裁判所や管財人がつき、これらの金融機関から借り入れをしている人たちから回収し、資産として債権者の分配をしているのです。

 

武富士、クレディア、アエルでお金を借りた人はどうなったの?

 

武富士やクレディア、アエルからお金を借りた人たちは、倒産した消費者金融が持っている債権を管理する管財人に対し、返済を続けています。
その際、これまでは分割返済してきたものを、一括で返済するよう求められることもあるようです。
この場合は、管財人となった会社と話し合いをするしかありません。
また、管財人として倒産した消費者金融の債権を引き継ぐ際に、安く債権を入手した会社だと、それまでより低い金額で返済できた例もあったようです。

 

過払い金請求について詳しくはこちら

 

過払い金が戻ることもあるので、専門家に相談しよう!

 

武富士やクレディア、アエルでは、利息制限法ではなく、出資法を根拠に高い金利で貸し付けを行い、民法上は違法な利益を得ていました。
そのため、貸金業法の改正に伴い、過払い金請求ができるようになったのです。
そのため、倒産した消費者金融に対しても過払い金請求を行い、借金がなくなったり、減額になった人もいたようです。
貸金業法改正以前に支払いを行い、最終支払日から10年が経過していなければ、過払い金を取り戻せる可能性があります。
それは、倒産した消費者金融でも同じです。
すぐに専門家に相談し、対応を検討することをおすすめします。

 

残債が残っているならおまとめローンから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン