債務整理の種類のひとつ『特定調停』のメリット・デメリット

特定調停って何?任意整理とどう違うの?

 

特定調停とは、まだ支払い不能には陥っていないものの、ここままだと井木津松子をが予想される債務者が経済的に再生を図るために、債務者本人が簡易裁判所に申し立て、負債を圧縮する手続きのことをいいます。
調停委員の前で、債務者が債権者(貸主)と話し合い、謝金の返済条件の緩和などについて交渉し、和解を目指します。
任意整理は弁護士や司法書士が債権者と交渉を行いますが、特定調停は債務者本人が話し合いに臨むことが、大きな違いです。

 

特定調停のメリットとデメリットには、どんなものがあるの?

 

特定調停は、任意整理と同じように、債権者すべてではなく、一部の金融機関のみと話し合いの場を設けることができます。
借り入れてからの期間が長い場合は、利息制限法による金利の再計算が行われることもあり、借金が減額になる可能性があるのは、大きなメリットです。
また、自分が簡易裁判所に申し立てをするので、弁護士や司法書士に支払う費用を節約できるところも魅力でしょう。
一方で、特定調停は書類の作成を債務者本人が行うことになるので、書類を準備している間は督促が止まることはありません。
また、あくまでも調停の申し立てですので、債権者が応じてくれる保証もありません。
調停が不調に終わると、遅延損害金を請求されることがあるのは、デメリットといえるでしょう。

 

費用は安く済むが、自分ですべての手続きをすることになるので注意が必要!

 

かつて特定調停は、年間40万件の申し立てがあったといいます。
それが現在では4万件程度になっているのは、書類の作成や調停での交渉などをすべて自分で行わなければならないこと、不調に終わると遅延損害金分が発生し借金が増える可能性があることがネックになっているからと予想されます。
また、利息制限法に抵触する借入先があったとしても、特定調停の手続き中に返還請求はできないので、長い期間キャッシングやカードローンを利用している人には、向いているとはいえません。
簡易裁判所によっては、必ずしも債務者に有利になる調停をするとも限りませんので、申し立てをするかどうかは慎重に検討しましょう。

 

債務整理について詳しくはこちら

 

借金解決の一歩目はおまとめローンから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン