年末ジャンボは本当に夢?宝くじのカラクリを暴いておこう

宝くじの売上金はすべて当選金になっているの?

 

誰もが一度くらいは、一獲千金を夢見て、年末ジャンボ宝くじを買った経験があるのではないでしょうか。
2013年当時、年末ジャンボ宝くじを含めた売上金は9444億円ありました。
ですが、この売上金すべてが、当選金に充てられているわけではありません。
宝くじの売上金の40.3%は発売元である全国都道府県及び20の指定都市に収められ、公共事業等に使われています。
また、1.3%は社会貢献広報費に、11.9%は印刷経費や売りさばき手数料に充てられています。 
つまり、実際に当選者に当選金として使われているのは、売上金の46.5%なのです。

 

年末ジャンボ宝くじの一等当選確率ってどれくらい?

 

年末ジャンボ宝くじは、年間の中で当選金額が高く、人気が高いものです。
気になる年末ジャンボ宝くじの1等当選確率は、1000万分の1です。
これは、東京ドームの収容人数を45000人とした場合、約222個分の中から1名しか選ばれないということです。
競馬や競輪、競艇など、日本にも公営ギャンブルがありますが、これらは売り上げの75%が配分されるよう定められています。
こう見ると、宝くじの当選者への配分が低いように感じられますが、当選金には税金がかかりません。
公営ギャンブルで高額の配当金を得た場合は、課税されるので、一概に分が悪いとも言い切れないのではないでしょうか。

 

宝くじに当選して大金を手にしても、幸せになれるとは限らない

 

年末ジャンボ宝くじが当たって裕福になれば、幸せになれると思って、購入を続けている人も多いことでしょう。
ですが、世界的にみても、宝くじの高額当選者が幸せになった例は、なかなか見かけることができません。
例をあげると、アメリカの「パワーボール」という宝くじで363億円を当てた男性が、報道陣に付きまとわれたり、泥棒に狙われたり、お孫さんが誘拐騒ぎにあうなどの被害が相次いだほか、借金を申し込んできた友人と疎遠になるなど、悲惨な運命をたどりました。
大金がすべての幸せを、保証してくれるわけではないのです。
夢を買うくらいの気持ちで、楽しんでおくのがよいかもしれません。

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン