クレジットカードの利用で多重債務に陥る人もいます

多重債務に陥ったのはクレジットカードのキャッシング枠の利用したことがきっかけだった、という人は意外に多いように思います。
まず、クレジットカードを作るきっかけになるのは、海外旅行へ行くことになったから念のためとか、社会人になったのを機になどが多いのではないでしょうか。

 

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、総量規制が法律で定められる前にはたいてい自動的に10万円から30万円くらいのキャッシング枠が設定されていました。
ショッピング枠で買い物をして一括払いにすれば、手数料はかかりません。
これはカード会社に支払いを立て替えてもらっている状態で、いわば後払いです。

 

ところが、キャッシング枠は違います。借金です。
同じカードを利用するため、その辺りの認識が薄くなってしまいがちですが、違うのです。

 

また、借金のために新たに手続きをするわけではないので、心理的にあまり抵抗なく利用できてしまう面もあります。
これが習慣化してしまうと、キャッシングで引き出したお金で生活することが当たり前になってしまいます。
こうして、ひとつのカードでキャッシング枠がいっぱいになってしまうと、また新しくカードを作ってキャッシング枠を設定し、それも限度額いっぱいになると新しいカードを…という悪循環に陥って、多重債務者となってしまうのです。

 

また、支払い期限を守っていればカード会社は優良会員と認めて、さらにキャッシング枠を広げてくれます。
これでもっとお金が引き出せると安心してしまうようでは、かなりマズイ状態です。
実際は借金が増えてしまうだけなのです。

 

現在ではキャッシングの利用枠には金額の設定が必要で、そのためには審査も行なわれ、年収の3分の1が限度額になります。
これは実際借り入れていなくても総量規制の対象となりますから、当分使う予定が無いのでしたらゼロに設定しておくというのも一つのやり方です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン