舞台を諦める人生なんて・・・

舞台鑑賞に人生をささげている・・・といっても過言ではないくらい、舞台中心に生活が回っている会社員のDさん。

 

友人たちは続々と結婚していくものの、自分は舞台が恋人だといってはばからない彼女は、結婚そのものにはまったく興味を持てないでいましたが、相次ぐご祝儀ラッシュにチケット代がままならなくなりそうなことには危機感を覚えました。

 

舞台は一期一会の生もの・・・この機会を見逃すわけにはいかないと、彼女は足りないお金をカードローンで借り入れることを決意します。

 

初めての借入はCさんにとって良い選択となったのか・・・!?

 

それではお話をお伺いしてみましょう。

Dさん(愛知県・29歳女性 ・会社員)のプロミスカードローン体験記

 

舞台にハマったきっかけは、まだ十代のころに観に行ったライオンキングでした。

 

目の前で繰り広げられる役者さんたちの圧倒的な迫力は、テレビドラマや映画とはぜんぜん違うリアリティを持つもので、あっという間に私はその世界にどっぷりとつかってしまいました。

 

働き出して独立して、自由に自分のお金を使えるようになると、もう誰にも遠慮することはないって感じで、どんどんその深みに自ら潜り込んでいってました。

 

舞台中心の生活っていうか、正直、舞台があるから生きているって感じですね。

 

舞台の面白さっていうのは、たとえばひとつの演目でも、開幕時と中盤、そして千秋楽ではまったく舞台の味わいが違うってところでもあるんです。
役者さんたちの演技、演出プランなどなど、見るたびに新しい感動があるんですよね。

 

それで大好きな劇団のロングラン公演なら、3回はリピートするのが自分の常識になりました。
ほかの人にとっては引かれる常識みたいですけどね・・・

 

私の気分的にはそれでまったく問題ないんですが、お金は当然掛かりますね。

 

ひとつの演目でチケット代は1万円を超えることもザラ、さらに劇場までの交通費に宿泊費用、同じ趣味仲間との打ち上げと称した飲み会・・・ひっくるめて毎回一度の観劇で5万円くらい使っているんです。

 

そして、3度リピートすると合計15万円。
これを一年で大体4回繰り返してますから、トータルで60万円くらい費やしているっていう計算になりますね。

 

平凡な一会社員にはなかなかの高額出費ですよね・・・
でも私は舞台、ミュージカルあっての人生なので、そこを削ろうともあきらめようとも思ってはいません。
もっぱら削られていくのは食費ですかね・・・

 

で、この年になると友達はどんどん結婚していくんですよね、まあそのほうが普通な人生なんだろうとは思いますけど。

 

たまたま連続してそれが続いた時期があって、ご祝儀つづきでお金がなくなって、いざチケットの先行発売日!っていうそのときに、どうしてもチケット代と遠征費用が足りない、という状況になってしまったんですね。

 

何で今結婚するのよ!とか正直思いましたけれど、人の祝いごとにケチつけるのもレベルが低いですし、かといって舞台は絶対あきらめきれないし、というわけで、カードローンを利用することを思いついたんです。

 

それでローンについて調べてみると、キャッシング利用者のうち4人に1人は女性になっているそうで、最近では女性専用の「レディースキャッシング」まで登場してるってことをはじめて知りました。

 

キャッシングってなんでか男性の利用者ばかりっていう固定観念があったので、けっこうびっくりでした。

 

レディース専用があるなら、初めてだしせっかくならこれを利用してみようと思って、プロミスのレディースキャッシングにスマホから申し込んだんです。

 

このサービスでは女性のオペレーターが対応してくれるんですが、丁寧にわかりやすく説明してくれたので、話していくうちにかなり安心感を持てて良かったです。

 

一度電話を受けてくれた女性の方にまた相談することもできる、という細やかな気の利いたサービスも女性向けでよいなあと感じました。

 

ちょっといやだなって思ってたのは在籍確認の電話が会社に掛かってくる、っていうところだったんですが、これも女性の方が個人名で掛けてきてくれるんですよ。
だからカードローンに申し込んだってわからないですし、同じ女性だから変に勘繰りされて余計な詮索をされないで済むのも有難かったです。

 

審査はすぐに通過することができたので、借りられたお金でもって無事にチケットゲット、いつものように遠征してめいっぱい楽しんでこれました。

 

これがまた良い舞台だったんで・・・ローンで借りるという決断をした自分の選択の正しさを噛みしめてました。

 

実際に利用してみると、自分だけじゃどうにもならないピンチをさっと手助けしてくれたって感じで、使い方を間違わなかったら怖くないんだなって思いました。

 

実は、今度は友達のおめでたラッシュが始まりそうで・・・、そのときまた運悪く舞台のチケット取りとバッティングしたら、もしかしたらもう一度カードローンにヘルプをお願いすることになるかもしれませんね。

編集部より

舞台命、という気持ちが伝わってくるDさんのお話でしたが、これほど好きなものに熱中できる人生というのはうらやましいものですね。

 

といっても先立つものがなければその舞台を楽しむこともままならないというのも事実。
そのピンチに直面したDさんは、カードローンを初めて利用することを決意しました。
舞台を見逃してたまるものかという信念を感じさせる行動力ですが、彼女はしっかり下調べした上で、女性専用のアコムのレディースキャッシングを利用することにしました。

 

このレディースキャッシングの特長は、対応をすべて女性が行ってくれるというところ。
そのほかのキャッシングの条件は一般的なカードローンと変わりはありませんが、相手が同じ女性というだけで、緊張せずに話しやすくなるという点は大きなポイントではないでしょうか。

 

プロミスでは初回に限り30日間無利息というサービスも行っていますので、給料日までちょっと持たない、というようなときにも臆せず使えるキャッシングとしてもおすすめできますよ。

 

また、店舗や無人契約機に行くのもちょっと・・・と女性の方なら特に感じられるかもしれませんが、プロミスなら来店不要で契約可能ですのでだれとも対面せずに契約を行えます。

 

プロミスのレディースキャッシングの特徴はこちらから!

【レディースプロミス体験談】チャンスを逃さないために役立つ!

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

プロミスレディースのカテゴリ記事一覧

【レディースプロミス体験談】家計が厳しくなって、利用を決意!

カードローンなんて、まさか私には絶対縁がない!そう思っていらっしゃる女性、少なくはないのでは?今回お話をして下さったのは、小さなお子さんを持つ主婦の方でした。彼女も、まさか私がカードローンを利用するなんて!と最初は思っていたみたいですよ。どういった経緯で利用に至ったのか、詳しく聞いてみましょう。

» 続きを読む

【レディースプロミス体験談】チャンスを逃さないために役立つ!

舞台鑑賞に人生をささげている・・・といっても過言ではないくらい、舞台中心に生活が回っている会社員のDさん。友人たちは続々と結婚していくものの、自分は舞台が恋人だといってはばからない彼女は、結婚そのものにはまったく興味を持てないでいましたが、相次ぐご祝儀ラッシュにチケット代がままならなくなりそうなこと...

» 続きを読む

【レディースプロミス体験談】たまには自分へのご褒美も良いんじゃない?

バツ2の会社員のJさんは、さすがにもう結婚はあきらめて、独身生活を謳歌した日々を送っていました。そんな彼女は偶然知ったシャネルの新しい時計に心奪われ、手に入れたくてたまらなくなりますが、そのお値段はなんと72万円。さすがに即決できず、かといって諦めきれなかったJさんは一縷の望みにすがるようにインター...

» 続きを読む

【レディースプロミス体験談】忙しい年末年始にもこんな形でお役立ち!

日々女手ひとつでの子育てと家事に追われているOさん。年末はイベントつづきでその忙しさも最高潮。あれやこれやと出費も重なって、気がつけば財布の中身が寂しいことに…。そんなとき、年末に予約していたホームクリーニングの料金を掃除の当日に支払わなければいけないことを思い出します。掃除まで手が回らないから、ホ...

» 続きを読む