経営状態を打開する秘策とは!?

整体院を地元で地道に営んできたFさんでしたが、昨今同業者のライバルも増えてきて、経営状態は頭打ち。
この状況を打開するためにFさんが考えたのは、近頃話題の酵素カプセルの導入でした。

 

ただし酵素カプセルはかなり根の張る代物で、Fさんの手持ち資金では手が届かない…
そこで、Fさんが考えた一手とは!?

 

それではお話をお伺いしてみましょう!

Fさん(愛知県・42歳男性 ・整体師)のビジネスパートナーローン体験記

 

生まれ育った地元に整体院を開業して、今年で10年になります。

 

地元には結構大きな規模の体育大学がありまして、その学生さんがよく利用してくれるので、地道に営業を続けられてきました。

 

ただ、整体師は国家資格でもないので資格を持つハードルが低く、同じように学生をあてこんだ同業者がだんだんと増えてきて、最近では同じ業者間で数が知れている学生の取り合いになってきていました。

 

また、学生は基本的に4年で卒業しますから、長期間の常連の利用者にはなってはもらえません。
そういう理由で営業利益はジリ貧状態がつづき、このままだと利益の改善も望めないので、なにかよそとは違う武器を持ちたい、と考えるようになりました。

 

そうして思い当たったのが、スポーツ選手やモデルなど有名人がよく利用しているという酵素カプセルを導入するということでした。

 

酵素カプセルならまだ導入している同業者もほとんどいませんので、これを大々的に宣伝して客を呼び込んで、整体も組み合わせた長期的なプランを組み、常連さんを増やしていこうと考えたんです。

 

ただ、価格が高かったんですよね。
年間のレンタル代が130万円。…当時のかつかつな経営状態で、ぱっと支払える金額ではありませんでした。

 

けれど、これしかないと信じ込んだプランだったので、ここは勝負に打って出たいと一大決心して、「ビジネスパートナー」という金融機関のローンで資金を借り入れることにしたんです。

 

借りたのは100万円で、残りの30万円だけ自己資金で調達しました。

 

銀行の事業性ローンのほうが金利が低いのはわかっていたので、最初はそちらで申込みをしていたんですが、自営業には厳しいという噂は本当で、ぜんぜん融資の許可は下りませんでした。
それで銀行は諦めて、ビジネスパートナーに申込みをしたんですね。

 

宣伝にあるとおり、一日で審査は完了しましたし、担保や保証人も不要だったので、とてもスムーズに手続きを行うことができました。
また、来店不要だったのも忙しい身には助かりましたね。

 

実は当時、私は個人で消費者金融から借入を行っていたんですが、ビジネスローンは総量規制対象外ですから、問題なく借入できたのもよかったです。

 

無事に資金面での目処がついたら、いよいよ酵素カプセルを使った新メニューの売り出しです。
ネットにホームページを作ったりSNSで宣伝したりして、かけた元手の分を早く取り返すべく頑張ったのが功を奏したのか、徐々に酵素カプセル目当てのお客さんを増やしていくことができました。

 

今では酵素カプセルを使用するお客さんの数のほうが多くなり、逆に整体のほうがオマケのような感じになって、ちょっとだけ内心は複雑だったりします…。

 

けれど利益は昔の比ではありませんし、借金してでもカプセルを導入した甲斐があったな、というのは間違いのない実感です。

 

儲けられている分、ローンの返済も繰り上げて早く完済できそうですし、今は人生のちょっとした賭けに勝った、という達成感を噛み締めてますよ。

編集部より

長い人生のなかで、ときには勝負に打って出るべき場面はどこかで必ず出てきます。

 

Fさんにとってのその場面とは、酵素カプセルを導入するか否か、まさにそのときでした。
ただ資金面の問題があったため、今回彼はビジネスパートナーで借入を行いました。

 

その選択は、銀行にすげない態度を取られたからという積極的ではない理由ではありましたが、結果的にはいくつもメリットを得られた選択だったといえますね。

 

審査は最短で1日で可能、その翌日には融資も行ってもらえるという迅速性や、無担保で利用が出来る、保証人は不要、来店の必要も無し、というわずらわしさを低減したシステムはなにかと忙しい自営業の方にはとても適しているのではないでしょうか。

 

そしてビジネスパートナーから得た資金を元に勝負に出たFさんは、もくろみどおり見事に業績を上昇させることができました。

 

お金が世の中の全てではないとはいいつつも、お金がなければ出られない勝負どころがあるのもまた確か。
そういったときには、無謀でない範囲でローンの手助けを借りるという方法も、勝ち組になるための選択肢のひとつとして有効なのです。

 

ビジネスパートナーのビジネスローンの特徴はこちらから!

 

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン