お金を借りる際、契約書に捨印を押してはいけない理由とは?

契約書における捨印にはどんな意味があるの?

 

みなさんも契約書を取り交わす時に、捨印を押した経験があることでしょう。
捨印とは、契約書の欄外におす訂正印のことをいいますが、その意味を理解している人が案外する内容です。
もともと捨印は、署名者の誤字・脱字など、訂正印をおすまでもない修正をするためにおすものでした。
ですが近年は、捨印によるトラブルが増えているのです。

 

安易に契約書に捨印を押してはいけない!こういう場合は要注意!

 

捨印によるトラブルが急増した背景には、欄外の訂正印として使用されることで、署名者が知らないところで、修正箇所と違う場所まで勝手に改ざんできることがあります。
そのため、契約書の欄外に安易に捨印をおしてはいけないのです。
捨印を押すように求められた時には、従来の付属的な意味合いでしか捨印は使わないこと、あるいは捨印をおした後で修正がある場合には双方の訂正印を使って訂正することを、別な書面で確認できるようにしておく必要があります。
そして、契約内容の訂正に関しては、訂正印で行うのがベストです。
そうした決まりごとの書面提示がないまま、捨印をおすのはNGなのです。

 

契約書でおしてよい捨印といけないものを理解しておこう

 

一般的には、契約書の捨印が使われるのは、誤字・脱字など契約内容とは直接かかわらない部分に限られるものです。
つまり、売買契約で買い手が支払う金額など、契約する上で重要な部分には捨印は適用できません。
ですが、捨印を悪用しようとする金融業者がいることも事実です。
そこで、契約書の売買契約を変更する際は当事者間で話し合い、双方の訂正印が必要となること、書面に捨印をおす場合にはコピーでも双方が契約書を双方に持つことなど、条件を提示することをおすすめします。
契約書に捨印がなくても、契約の成否には関係しませんので、求められるまま安易な気持ちで捨印をおさないのが一番です。

 

借金問題解決の一歩目はおまとめローン

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン