総量規制と借り換えの関係

貸金業法が改正され、総量規制が導入された背景には、過剰な貸し付けによる多重債務者問題があります。
返済能力を超えた借り入れや貸し付けを避けるため、原則、年収3分の1を超える貸し付けは禁止になりました。
この規制は貸金業者、つまり消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などに適用されます。

 

銀行は貸金業法ではなく、銀行法の下に置かれているので、この規制は関係がありません。
つまり、年収3分の1以上の貸し付けも可能だということです。
ですから、複数の消費者金融などからの借り入れ先を一本化して借り換える『おまとめローン』などの商品に力を入れています。

 

また、『おまとめ』と銘打っていなくても、低金利でおまとめローンとしても利用できる銀行も増えました。
また、貸金業法の下に置かれている消費者金融でも、『例外』の適用で年収の3分の1以上でも借りられる場合があるのです。

 

そのひとつが、『顧客に一方的に有利になる借り換え』です。
今までの契約よりも低金利で返済額が少なくなるのなら、それは借り手にとって良い条件になるので、消費者金融への借り換えも可能になるのです。

 

ただし、これは例外的な措置なので、たとえば追加借り入れをしたい場合、銀行でおまとめローンをしているのでしたらさらに融資枠を広げてもらったり別の金融機関で融資してもらったりすることが可能ですが、消費者金融で例外の適用を受けての借り入れではこれ以上消費者金融での借り入れはできません。

 

総量規制ってなんのこと?

 

総量規制対象外は銀行カードローン

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン