総量規制があると、主婦はお金を借りることができないのでしょうか

総量規制は、返済能力を超えた過剰な借り入れ・貸し付けを防止するために生まれました。
年収3分の1という金額が、そのボーダーラインです。

 

ということは、専業主婦はお金を借りることができなくなってしまうのでしょうか。
基本的にはそうです。
しかし、パートなどで安定した一定の収入が認められれば融資を認められる場合もあります。

 

また、まったく仕事をしていない無収入の主婦でも、配偶者に一定の安定収入があれば認められるのです。
総量規制の例外の項目に書かれている『配偶者と合わせた年収3分の1以下の貸し付け』というのがそれに当たります。
配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類、場合によっては配偶者の収入証明書の提出が必要です。
ただし、この方法もすでに配偶者が年収の3分の1を借りていたら、もうそれ以上借りることはできないので、要注意です。

 

最近では主婦も利用できる銀行カードローンもできていますので、それですと年収3分の1までという壁は無くなります。
では、夫を亡くした専業主婦の人が当座の生活のお金に困って借りたい場合はどうしたらよいでしょうか。
もし土地や有価証券などの財産が残されているのでしたら、除外の項目の『有価証券担保貸し付け』『不動産担保貸し付け』を適用すれば、借りることが可能になります。

 

ただし、簡単に借りられる不動産担保ローンには注意が必要で、中には悪徳業者もいて必要の無い手数料を要求することもありますから、契約時には専門家のチェックを受けるほうが安心でしょう。

 

総量規制ってなんのこと?

 

総量規制対象外は銀行カードローン

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン