総量規制の対象

総量規制とは、貸金業者からお金を借りる場合、年収の3分の1までしか借りられないという規制です。
2006年に貸金業法が成立し、段階的に施行され、2010年6月18日から完全に施行されることになりました。
その中に総量規制も含まれています。

 

貸金業者というのは、具体的に言うと消費者金融やクレジットカード会社です。
ですから、クレジットカードで現金をキャッシングした場合は総量規制の対象となり、年収の3分の1以上の借り入れはできません。
しかし、クレジットカードで商品やサービスを購入した場合はショッピング取り引きに当たるので、その金額は総量規制には含まれません。

 

ショッピングのリボルビング払い、分割払い、ボーナス払いには『割賦販売法』が適用されます。
同じクレジットカードの利用でも適用される法律が違うので、気をつけましょう。

 

また、貸し付けの契約には4種類ありますが、総量規制の対象は『個人向け貸し付け』のみです。
残りの『法人向け貸し付け』『法人向け保証』『個人向け保証』は対象ではありません。

 

個人向け借り入れとは個人がお金を借りることですが、個人向け保証とは何でしょうか。
借金の際に必要な保証人になることです。
個人向け保証が総量規制の対象外であるということは、法律上、多重債務者でも保証人になるのは問題無いことになってしまいます。
しかし実際は、貸金業者のほうでも審査するので、そのような人を保証人と認めることは無いでしょう。

 

総量規制ってなんのこと?

 

総量規制対象外は銀行カードローン

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン