クレジットカードの総量規制に関する注意

総量規制は、貸金業法の中で定められた貸し付け限度額に関する規制で、対象は消費者金融や手形割引業者、クレジットカード会社、信販会社、総合リース会社、その他流通会社からの貸し付けになります。

 

ここで注意しておきたいのが、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があるということです。
複雑なことに、クレジットカードのキャッシング枠は貸金業法が適用され金融庁の管轄になりますが、ショッピング枠に関しては割賦販売法の適用になり経済産業省の管轄なのです。
そのようなわけで、ショッピング枠の金額は総量規制の対象ではありません。

 

キャッシング枠のみが総量規制の対象になります。
キャッシング枠は実際に借り入れをしていなくても、その融資限度額は総量規制の額として計算されます。
ですから、複数のクレジットカードを持っている場合、注意が必要です。

 

たとえば、キャッシング枠50万円のカードを2枚持っていたとします。
すると、実際借り入れをしていなくても信用情報機関の記録ではすでに100万円の貸し付けがあることになってしまうのです。
ここでさらにキャッシング枠のあるクレジットカードを作ったり、消費者金融などで借り入れをしようとしたりすると、貸し付けが100万円を超えることになるので収入の証明を求められます。

 

それを考えると、使う予定の無いキャッシング枠は無くしておくほうがよいのではないでしょうか。
もともとクレジットカードは後払いであるショッピング利用がメインで、キャッシングはそれに付随するサービスです。

 

貸金業法ができる前はクレジットカードを作ると自動的にキャッシング利用枠が30万円から50万円に設定されていましたが、貸金業法の施行そして総量規制により、クレジットカード会社の判断でキャッシング利用枠の減額あるいはゼロと設定されるケースがあります。

 

総量規制ってなんのこと?

 

総量規制対象外は銀行カードローン

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン