総量規制は銀行からの借り入れに対しては対象外です

総量規制を含む貸金業法は、平成18年12月に成立し、平成22年6月18日から完全施行されました。
総量規制というのは貸し付け金額をその人の年収の3分の1までに制限しようというもので、過剰な貸し付け・借り入れにブレーキをかける目的で導入されました。

 

しかし、この総量規制は貸金業法における規則なので、銀行のような、貸金業法の管理下に置かれていない金融機関からの借り入れに対しては効力がありません。
そこで、総量規制の上限ギリギリ、あるいはそれを超える借り入れのある人は、銀行での借り換えを考える人も多いようです。

 

それは実際に可能なのでしょうか。
以前よりは、銀行も個人融資に積極的にはなりました。
ただし、融資には必ず審査があります。
最近、銀行のカードローンの保証会社を消費者金融の会社が担当しているところも多くなりました。
それは、消費者金融が個人の融資に対する審査や回収のノウハウを持っているからです。

 

総量規制では、年収が300万円の人への総量規制の上限は100万円、年収900万円の人への総量規制の上限は300万円になります。
同じ年収の3分の1でも、収入が多ければ余裕のあることは一目瞭然なので、消費者金融としてはこれ以上貸し付けはできないけれども、返済能力は高いと判断されて銀行からの融資をしてもらえるでしょう。

 

このように、高収入の人なら総量規制の上限ギリギリいっぱいでも銀行の融資が下りるでしょうし、低収入の人ならば審査に通るのは難しいと思われます。

 

総量規制ってなんのこと?

 

総量規制対象外は銀行カードローン

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン