総量規制とは

総量規制とは、貸金業法によって定められた制限です。
平成18年12月に成立しましたが、貸し手のシステム整備の期間や利用者への周知を考慮して段階的に施行され、平成22年6月18日には完全に施行されることになりました。
この中に、総量規制も含まれているわけです。

 

貸金業者は、自社からの借り入れが50万円を超える場合や総借り入れ額が100万円を超える場合は年収などの証明を求めることが義務付けられ、借り手の年収の3分の1以上の貸し付けはできなくなりました。

 

なぜこのような規制ができたかというと、複数の貸金業者から多額の借金を重ねて返済し切れなくなった多重債務者の深刻な問題が背景にありました。
そこで、貸し過ぎ・借り過ぎを防止し、返済が可能な金額の目安として年収の3分の1という規制が生まれたのです。

 

この総量規制の対象となっているのは、貸金業者からのお金を借りる場合です。
財務省や都道府県に登録している消費者金融・クレジットカード会社などが貸金業者に当たります。
銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫からの借り入れは貸金業法に当たらないため総量規制の対象ではなく、従ってその金額は年収3分の1までという規制からは除外されます。

 

また、住宅ローンや自動車ローンなども貸金業法で定められた適用の除外に当たります。
ですから、それらを除いた消費者金融・クレジットカード会社などからの借り入れが総量規制の対象となります。

 

たとえば、年収300万円の人は100万円までしか借りることができません。
既にある貸金業者から40万円借りているとしたら、別の貸金業者で借りるときにはあと60万円までしか借りられません。
借り入れや返済のデータは信用情報機関に蓄積されているので、貸金業者はそこに照会して確認・審査をした後、融資を決定します。

 

総量規制ってなんのこと?

 

総量規制対象外は銀行カードローン

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン