改正貸金業法のもたらした闇。

総量規制で借りれない人続出!どのような人に影響があった?

貸金業法改正にともない導入されたのが、
・総量規制→年収の3分の1以上の借り入れができない。
・上限金利の引き下げ→法律法の上限金利29。2%から借金額に応じて15〜20%に引き下げ。
・貸金業者に対する規制の強化→法令遵守の助言、指導を行う国家資格のある者を営業所に置く。
違法な取り立てを禁止する。
などが大きく変わりました。

 

総量規制が導入されたため無収入の方は借り入れができなくなってしまいました。
一番ダメージを受けたのが専業主婦の方で、改正前は仕事をしていなくても、配偶者の同意がなくても借り入れ出来ていたのですが、改正後は配偶者(夫など)の同意書がなければ借り入れの申し込みができなくなってしまったのです。

 

転職活動中で職に付いていないという方も駄目になり、より貸付対象が限定されるようになりました。

 

借りれない人はどうする?闇金に行くしかない理由は?

上限金利が下がったことで、中小企業の消費者金融会社が多く廃業してしまい借入できる会社が大手ばかりになりました。
大手は法にのっとり業務を遂行するため、無職や専業主婦の人にはお金を貸しません。

 

闇金業者には法律は関係なく、貸金業法の改正でお金を借りられなくなってしまった人を対象とした業者が出てきて、年収の3分の1以上の借り入れを受け入れている闇金業者や悪徳業者が増えてきました。

 

総量規制以上の借入をしている人は他から借入をすることが出来ないため、どうしてもお金が必要でお金を作る術として闇金を利用してしまうという人が出てくるのが現状です。

 

そして低所得者でも利用しやすい消費者金融がなくなり借入をする事が厳しくなってしまったため闇金に流れてしまっているのです。

 

総量規制で借りれない低所得者も闇金に頼らず総量規制対象外の銀行などにあたってみよう!

貸金業法の改正の目的は、多重債務問題や闇金業者の問題を解決するために改正されたのですが、結果的には闇金業者しか貸してくれるところがないため、闇金を利用する人が増えてしまいました。

 

過払いがなくなった反面、お金を借りる制限ができて、低所得者や無職の人が困っているというのも事実です。

 

しかし総量規制が適用されるのは消費者金融やクレジット会社、信販会社などです。

 

総量規制で借りられなくなった方、低所得者、専業主婦でも闇金に頼らずに借りられる機関が、銀行系のカードローンです。
銀行名のカードローンは総量規制の対象外になっているからです。

 

銀行のカードローンは、
・年収によって規制がない→専業主婦のように収入がない方もでも家族に定期的に収入があれば融資が可能。

 

・おまとめや借り換えにも最適→おまとめで年収の3分の1以上の借り換えをしたい方でも利用できる。
など、消費者金融のように年収を細かく調査する規定がなく、限度額が100万円以下なら収入証明が必要ないなど、収入がない方やおまとめや借り換えを検討している方には銀行のカードローンがオススメです。

 

もし借入したい銀行の口座を持っていれば、取引実績などから柔軟な審査や、優遇される可能性があるなど、便利な事もあるので、銀行口座をすでに持っている方はカードローンの方も確認してみてください。

 

お金に困っても闇金を利用するのではなく、総量規制外のカードローンを利用する事も考えてみましょう。

 

総量規制ってなんのこと?

 

総量規制対象外は銀行カードローン

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン