低金利のカードローンでお馴染みのソニー銀行の外貨預金は他社と何が違う?

外貨預金って何?どんなメリットがあるの?

 

外貨預金とは、日本円を米ドルやユーロといった外国通貨に換金して預金するしくみのことをいい、普通預金と定期預金に大別されます。
外貨で預金しても一定の利息がつきますし、普通預金はお金を自由に出し入れでき、定期預金も中途解約や満期日前の引き出しが可能です。
現在は日本の銀行が設定している金利が低いこともあり、資産運用として外貨預金を行う人が増えています。
外貨預金のメリットとしては、為替動向によって金利だけでなく、為替差益を得られる可能性があることがあげられます。
しくみもシンプルなため、外貨での投資を始めたい初心者には、特におすすめです。

 

ソニー銀行の外貨預金にはどんなサービスがあるの?

 

ソニー銀行も、外貨預金を扱っています。
その特徴をあげると、まず取引停止時間を除けば、24時間利用可能なことがあげられます。
次に、市場と高い金利・為替レートと連動した運用になっていることです。為替レートは市場動向によって変わるものですから、一定幅変動するたびに見直しをしてもらうことで、タイミングよく取り引きすることができます。金利にも、最新の市場動向が反映されるため、日本の銀行より高めの設定になることが多いです。
また、外貨預金をする際には為替手数料が必要ですが、機関投資家などが外国為替市場で取引するのと同じくらいの低いコストを実現しています。
最後に、為替予約ができることがあげられます。外貨定期預金を積み立てる場合、円安のうちに為替差益を確定したり、円高が予想される時に為替差損の拡大を防ぐことが大切です。そうした場合、ソニー銀行では、あらかじめ満期日の為替レートを予約し、満期時に受け取る円貨額を確定させておくことができます。
こうした特徴があるので、ソニー銀行の外貨預金は人気が高いのです。

 

ソニー銀行に限らず、元本割れのリスクがあることを理解しておこう

 

とはいえ、ソニー銀行に限らず、外貨預金にはリスクも伴います。
預金の積み立てを始めた時に円から外貨に交換したレートと、再び外貨から円に戻して受け取る時では為替レートが異なるため、為替差損益が起こるリスクがあるのです。
それにより、元本割れする可能性があることを、覚悟しておかなければなりません。
資産運用の一環として利用する際には特に、為替レートの動きに着目し、損が出ないように対処しましょう。

 

ソニー銀行のカードローンは低金利で返しやすい

 

その他銀行カードローンランキングはこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン