ソニー銀行のカードローンが4年ぶりに再開!背景に隠された狙いとは?

ソニー銀行がカードローンを再開!ターゲットはどこに置いている?

ソニー銀行は個人向けの資金需要が高まったことを受け、幅広い資金需要に対応しようと商品性を改善し、カードローンの新規受け付けを開始しました。

 

再開前は限度額が300万円で下限金利が6.5%でしたが、新しいカードローンは下限金利を業界最低限水準の年2.5%に、利用限度額を最大の800万円に設定しました。

 

ソニー銀行は2011年7月にローンの保証を請け負っていたソニーファイナンスインターナショナルが事業縮小に伴い、保証業務を止めたためカードローンの受け付けを一旦停止しました。
再開は商品性の見直しや保証会社の選定に時間がかかり遅れていましたが、69億円あったカードローンの残高は現在50億円程度に減っており、再開後、保証会社はアコムが請け負うようになったため、再開に至ったのです。

 

今後の方針としては、20代30代の若年層をターゲットのしているので、貸付基準がとても柔軟になりました。
例えば、学生や専業主婦の人は一部の銀行カードローンは申し込めませんでしたが、ソニー銀行なら10万円を限度額としてそのような人にも貸付を行うようにしました。

 

主力の住宅ローンから運用先を広げ、運用収益の拡大と安定を狙い、厚めの利ざやが確保できる消費者金融ビジネスにも力を入れており、競争が激しくなりそうです。

 

超低金利!ソニー銀行カードローンの魅力とは?

ソニー銀行はネット銀行のため、提携ATMで入金や出金の手数料が24時間365日無料なので無駄なお金がかからないという事が魅力です。
そしてソニー銀行の今の保証会社はアコムです。

 

その他にも、20歳以上の学生や本人に収入がなくても配偶者に収入があれば専業主婦でも申し込みができます。
すでにソニー銀行の口座を持っている方は最短60分で仮審査結果の回答ができ、満20歳〜65歳までの方が申し込み可能です。
金利は業界最低水準の2.5%〜13.8%で利用ができ、最大800万円までの融資が可能になっており、資金使途は原則自由になっています。(しかし事業資金には不可)
通常の銀行の金利よりかなり低くなっていて、金利は利用額に応じて変わり、利用額が高くなればなるほど金利は低くなります。
月々の返済支払いが2,000円からと少額設定ができるなど、とても利用しやすくなりました。

 

ソニー銀行の普通預金口座を持っていない方の場合はカードローンの申込み事にソニー銀行の普通預金口座にも申し込むようになります。

 

業界最低金利のソニー銀行カードローンは若年層をターゲットに新規開拓を模索中!

現在の顧客の年齢層が30〜40代が6割を占めているのに対し20代の割合は1割ほどにとどまっているソニー銀行カードローン。
新しく新規開拓のために若年層の方でも利用しやすいように基準を柔軟にし利用者を増やそうとしています。

 

しかし銀行口座を持っていなければ口座を開く必要がある点は少し不便です。
またここで獲得した顧客を外資預金など他の金融商品の販売拡大にも繋げたい考えもあります。
限度額が高いため顧客の与信判断やリスク管理が重要になるといった課題もあります。

 

しかし、利用する側にすればソニー銀行のカードローンはメガバンクを超える利便性を持っており、低金利でお得なカードローンなので、銀行カードローンを考えれいる方にはオススメできる商品になっています。

 

ソニー銀行のカードローンは低金利かつ返済しやすい!

 

他にもいっぱい!低金利な銀行カードローンランキング

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン