失業中はキャッシングの利用はできるの?リストラされてお金がない時はどうする?

リストラされて生活費に困っている・・・失業中でもキャッシングの契約はできるの?

 

生活費に困ってキャッシングをしたくて、カードローンの申し込みを検討している人もいることでしょう。

 

ですが、失業中にカードローンの申し込みをしても、新規のキャッシング契約はできません。これは、銀行だけでなく、消費者金融でも同じです。

 

カードローンの審査に通るためには、安定した収入があることが大前提です。一定の収入があれば問題ないので、雇用形態は正社員でなくてもOKです。パートやアルバイトなどの収入があれば、審査に通る可能性があるということです。

 

 

まさかのリストラでキャッシングの返済ができない時は、どうしたらいい?

 

リストラは、本人の意思とは関係なく行われるもので、その責任が本人になると断言できないケースも多いです。

 

リストラを宣告されてから必死に職探しをしたものの、次の就職先が見つからず、キャッシングで生活をしていた人が、返済に困るという話もよく見聞きします。

 

もし、これまでキャッシングで借りていたお金を返済できない時には、すぐに金融業者に連絡を入れ相談しましょう。

 

支払日の前に連絡を入れておけば、そのカードでキャッシングすることはできなくなりますが、部分返済や長期の分割返済の相談に乗ってもらえる可能性があります。

 

任意整理や個人再生、自己破産などの債務整理は、最終手段としてとっておくべきです。

 

返済できないまま放置すると事態を悪化させますので、必ず自分から連絡を入れましょう。

 

 

失業中でもキャッシングOKは、闇金業者の可能性大!絶対に契約しないようにしよう!!

 

そうはいっても、お金がなければ生活できないのが現実です。そのため、お金を貸してくれる先を必死に探す人も少なくありません。

 

ですが、銀行や消費者金融などでカードローンの申し込みを断られた人に対し、お金を貸してくれるのは闇金業者しかなく、借りてしまうと大きなトラブルに巻き込まれる可能性が高まります。

 

正規の金融業者でのキャッシングができなかった時には、生活を立て直す方法を考えるのが先決です。

 

失業保険の手続きや短期のアルバイトを探すなど、キャッシングをせずに生活を乗り切る方法を考えましょう。

 

借金問題解決の一歩目はおまとめローン

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン