キャッシングやカードローンの審査に多大な影響を及ぼす信用情報機関の基本情報

よく聞く信用情報機関って何?どんな役割を担っているの?

 

信用情報機関とは、クレジットカードやキャッシングの契約状況、借り入れ・返済などの取引状況といった個人の信用情報を収集し、管理するという役割を担っています。
そのため、クレジットカードやキャッシングの申し込みの履歴も記録されます。
これは、審査に取らなくても履歴として残ります。
さらに、返済の延滞情報や債務整理の情報も記録されています。

 

信用情報機関の種類と登録される情報について教えて!

 

日本には、「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」「CIC」「日本信用情報機構(JICC)」という、3つも信用情報機関があります。
「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」が扱っている情報は、銀行や協同組織の金融機関、政府関係の金融機関、信用保証協会の情報です。
「CIC」には、クレジットカード会社やローンを扱う信販会社が加盟しています。
「日本信用情報機構(JICC)」は全業種を網羅しており、消費者金融の加盟率は80%を超えるといいます。
そして、この3つの信用情報機関はお互いの情報の一部を共有しています。
基本的に信用情報に登録されるのは、申し込み情報とクレジット情報、利用記録の3つです。
氏名や生年月日、郵便番号、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、照会日、契約日、商品名、支払回数、契約額、利用目的、利用会社名など、あらゆる情報が記録されます。
そして、情報の保存期間は内容によって異なります。

 

返済遅延や借入件数の多さはキャッシングやカードローンに影響する!

 

信用情報機関に記録された情報は、新たにクレジットカードやカードローンを申し込む時に大きな影響を与えます。
延滞はなくても借入件数が多かったり、返済遅延が続いていると、その後に新規に申し込みをしても、審査に通ることはありません。
もし、自分の状態を把握したいなら、情報開示を申し込むという方法もあります。
自分の信用に傷をつけないよう、最大限、配慮しましょう。

 

ブラックじゃないと分かったらおまとめローンで借金解決

 

信用情報に傷がついてしまったら債務整理も視野に!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン