カードローンの審査に影響大!信用情報機関の基礎知識

カードローンの審査に影響大!信用情報機関ってどんなもの?

 

クレジットカード会社やカードローン業者は、申し込みのあった消費者を審査するために、個人信用情報機関に登録された情報を確認しています。
個人信用情報機関とは、金融機関が申し込みをした消費者の信用情報を、管理・提供する機関をいいます。
新たなクレジットカードやローンの申し込みがあった時に、この機関に問い合わせることで、消費者の返済能力に応じて、適切に信用与余することができ、過剰な貸し付けを未然に防ぐことにもつながります。
そのため、ク金融機関は必ず、クレジット会社の共同出資により設立された「CIC」、消費者金融系のクレジット会社が多い「日本信用情報機構(JICC)」、銀行系の金融機関が登録する「全国銀行個人信用情報センター(全銀協)のいずれかの個人信用情報機関に加盟しています。

 

 

必読!審査に影響する登録情報はコレだ!

 

個人信用情報機関に登録される主な情報は、氏名や生年月日、郵便番号、住所、電話番号、勤務先の電話番号などで、細かな項目は加盟先によって異なります。
クレジットカードやカードローンの申し込みをした時に、審査に影響を与える登録情報には、消費者がきちんと支払いをしてきたかどうかの履歴と、他のクレジットカードの保有状態、過去半年分のクレジットの申込件数を重視されます。
複数のクレジットカードを持ち、利用額が多かったとしても、毎月きちんと返済されていれば、審査する際にプラスに働くので、遅れずに支払いをするようにしましょう。

 

 

審査に通るためにも、ブラックリストに乗らないよう押さえておくべきポイント

 

クレジットカードやローンの支払いを3ヵ月以上延滞したり、自己破産や任意整理、個人再生、特定調停などが行われると、信用情報機関に事故情報が登録されます。
これが、いわゆる「ブラックリスト」です。
ブラックリストに名前が載ると、新たに申し込みをしても審査が通らなくなります。
また、他社で未入金や一部入金、延滞をくり返していると、きちんと支払いをしていても、マイナス評価になることもあります。
また、クレジットカードやカードローンの申し込みを、何社にも連続でしてしまうと、お金に困っていると勘ぐられて、審査が通りにくくなる可能性が高まります。
申し込みの事実が、個人信用情報機関に登録されるのは、半年程度です。
複数に申し込みをしてしまうと、ブラックリストに載った状態になりますので、半年で3社程度に抑えるようにしましょう。

 

ブラックになってしまったなら債務整理の検討が必要

 

借金解決の一歩目はおまとめローンから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン