審査と職業の関連性

この職業だと審査に通りやすい!キャッシングの審査に有利な職業とは?

キャッシングやカードローンの審査には有利になる職業、不利になる職業があります。
有利な職業の特徴はやはり、安定した収入があり確実な返済が見込める職業となります。

 

そういった観点から一番有利な職業としてあげられるのが安定の代名詞ともいえる公務員です。
また、有名企業であったり、中小でもある程度の勤続年数があれば評価は高まるでしょう。

 

ようするに、金融業者が求める信用の高さとは「安定」と言い換えても過言ではないくらい、安定は大事な要素であり、信用にもつながっていくのです。

 

また、公務員以外で有利になる職業の例として、一部上場企業、外資系企業、銀行員、医師などの職業になります.。
これらの職業も企業の安定感、それなりの収入も見込めるということでの安定を信用と置き換えてもらえるのです。

 

不安定な職業と判定されやすいかも!キャッシングの審査に不利な職業とは?

それでは不利な職業にはどんなものがあるでしょうか?

 

フリーターや派遣社員、自営業の人は不安定と判断されがちです。
フリーターは毎月の収入が安定していないと思われ不利になるのは間違いありませんが、同じ職場で継続して勤務していて、収入も安定的に得ていれば、年収に応じた額で審査が通ることも多いです。

 

自営業の方も審査には通りにくいと言われています。
それは、季節や天候、景気に売り上げが左右されやすい業種が多く、規模も小さいため、毎月の収入が安定しないだろうと判断されてしまうことが多いのです。
そして自営業は時代の流れや流行り廃りで、廃業していく数が多いというのも理由のひとつであるようです。

 

決め手は安定した収入がある職業!不利な職業だった場合は他の属性のレベルアップが必須!

ここまでキャッシングの審査に有利な職業、不利な職業の説明をしてきましたが、有利になる職業は決まって安定した収入を見込めるということがお分かり頂けたかと思います。
かといって、誰もが公務員や銀行員、医者になれるわけでもありませんよね?

 

では、自分が不利な職業であった場合はどうすれば審査に通りやすくなるのでしょうか?
第一に、安定した収入を目指すことです。フリーターでも派遣社員でも、毎月の収入が一定になるような勤務体系にすることで、月ごとの収入の上下が無くなり、安定に近づくことができます。
次に、職場をコロコロ変えないこと。長期間同じ職場であれば安定とみなされます。
職業以外の部分では、賃貸でも同じアパートに長く住んでいたりすれば、きっちり家賃を払える人とみなされて、返済能力を認められたりもするようです。

 

審査の甘い会社を探すのもいいですが、やはりちゃんと仕事をして収入を得て、安定を築いていくことが信用を上げる最上の手段です。

 

パート・アルバイト・派遣でも借りれるカードローン
最新のカードローン人気ランキング

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン