債務整理をお考えのあなたへ!司法書士に要注意!

過剰な宣伝をしている司法書士に要注意!司法書士の債務整理は制限付き!

法律などに詳しいとしている弁護士や司法書士。
これらの違いは何なのか?

 

TVCMでも「債務整理はお近くの司法書士まで…」などと聞きますが本当に司法書士でも債務整理を解決できるのでしょうか?

 

弁護士と司法書士の違いは、弁護士は身近に起きる事件やトラブルについて法的アドバイスをしたり、代理人になって相手側と交渉を行ってくれる人のことを言います。
司法書士は不動産や会社などの登記を行うのが本来専門の人になっています。

 

今回のテーマにもある債務整理は司法書士でも解決できるのかという事ですが、弁護士の場合、債務整理における法律の相談はもちろん、代理人として貸し金業者との交渉や訴訟をすることができます。

 

司法書士の場合は、以前は法律相談や交渉、訴訟は出来ませんでしたが。2003年の法改正により借金と過払い金を含めた総債権額が140万円以下に限り司法書士でも取り扱うことが出来るようになりました。

 

しかしこれは認定司法書士のみの場合で、認定されていなければ対応できないし、相談者の総債権額が140万円を超えていれば司法書士では対応することはできないのです。

 

そして認定司法書士が代理人として交渉できるのは「簡易裁判所」で扱われる案件のみという決まりになっています。
司法書士でも債務整理ができますよとうたっていても制限があるので全てを解決することは出来ないのです。

 

個人再生・自己破産は書類作成のみ!安易に頼むと二度手間の可能性も!

債務整理の中でも個人再生と自己破産の司法書士の対応としては「書類作成代理人」として書類のみの作成しか出来ず、代理人として裁判に出たりすることは出来ないのです。

 

なので、個人再生と自己破産を行う方が司法書士に相談しても書類作成のみなので後は自分で裁判所に行き手続きを行うかまたは弁護士に依頼し直さなければならず、弁護士に依頼し直せば司法書士にも弁護士にも依頼料が発生し、二重にお金が必要になってしまいます。
ただでさえお金のことで困っているのでこのようになってしまうと依頼料のことでも悩まなければならなくなります。司法書士は債務整理が出来るといっても依頼する内容によっては損をすることになってしまいます。

 

司法書士が債務整理の代理人をできるのはほんの一部!隠して宣伝する司法書士には注意が必要です!

2003年の法改正後には司法書士でも債務整理の業務を扱うことは出来るようになりましたが、司法書士が扱えるのは総債権額が140万円以下などの条件があり、不便な点もあります。

 

しかし弁護士ならそういった代理権の制限もなく、自分で裁判所に行かなくても弁護士が代理をしてくれるので精神的な面も考えれば楽になるでしょう。

 

金銭面から言えば弁護士より司法書士のほうが安いですが内容によっては司法書士でも高くつくことがあり、安いからといって司法書士に依頼してしまうと二度手間になってしまう恐れもあります。

 

司法書士の方も素晴らしい活躍をしている方もいますが、中にはこのような制限を隠して依頼を受けている事務所もあるので、司法書士と弁護士の違いやリスクを知った上で依頼するようにしましょう。
司法書士でも処理できる範囲内であれば依頼するメリットはあるでしょう。

 

債務整理を依頼する場合は自分の状況をしっかり理解した上で、どちらに頼むか考えてから依頼するようにしましょう。

 

債務整理の相談先について詳しくはこちら

 

借金解決の一歩目はおまとめローンから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン