司法書士ができる債務整理の範囲に最高裁が判決!債務整理界のグレーゾーン撤廃か!?

債務整理を依頼した時の司法書士と弁護士との違いとは?

 

 

債務整理をするために依頼できる代理人には、司法書士と弁護士がいます。
債務者はどちらに依頼することもできますが、司法書士と弁護士では、扱える法律業務が異なります。
これは、そもそもの職域の違いによるもので、弁護士は起きた事件やトラブルに対して法的なアドバイスをしたり、代理人として債権者と交渉を行うことができますが、司法書士は本来、不動産や会社の登記を行うのが専門なこともあり、総債権額が140万円以下の場合に限り、法律相談や交渉、訴訟を行うことができることになっています。

 

 

最高裁が下した、司法処理の債務整理の範囲

 

 

司法書士に債務整理を依頼すると、弁護士にお願いするより費用が安いこともあり、総債権額が140万円以下の債務者の多くが、司法書士事務所に依頼するケースが増えました。
その際問題になったのが、総債権額140万円の解釈です。
日本弁護士会連合会は「貸金業者側が主張する債権の総額が140万円以下」と解釈しているのに対し、日本司法書士会連合会は「個々の業者ごとに依頼者が債務整理である利益が140万円以下」と主張し、法廷で争われることになったのです。
その判決が、2016年6月27日、最高裁で下されました。
上告審では、債務者や債権者にとって明確な基準で決めるべきという考えに基づき、日本司法書士会連合会が主張している「和解が成立して初めて金額が判明する」のではなく、日本弁護士会の「債権者が主張する金額」で判断すべきとしたのです。

 

 

今後、債務整理を依頼する時に注意すべきことは?

 

 

この上告審判決後は、「個別の債権額が140万円を超える場合は、裁判外の和解を代理できない」とされ、今後は司法書士の業務範囲が狭まることが予想されます。
個別の借金が140万円以下であえば、これまで同様に安い費用で司法書士に債務整理を依頼できますが、それを超える場合は弁護士に依頼するしかなかそうです。
相談に行く前に、自分の債務総額をきちんと把握し、適切な依頼先を選ぶようにしましょう。

 

債務整理における弁護士と司法書士の違いとは?

 

借金解決の一歩目はおまとめローンから!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン