あなたも消費者金融を過小評価してませんか?

消費者金融の金利が高いのは昔の話!今はどうなっている?

消費者金融というと嫌われているイメージが強いですよね。
金利が高い、取り立てにヤクザが来る、自己破産の元凶だなどと思われています。
しかしそれは昔の消費者金融のイメージで今は全く違います。

 

昔はグレーゾーン金利や出資法の上限を超える金利での貸し付けが多かったのですが、2010年6月に貸金業法が改正され、グレーゾーンが撤廃され、利息制限法、出資法が改正され、信用情報機関に加盟している消費者金融は法定以上の貸し付けが違法になり罰せられるようになったのです。
法律上の上限金利が29、2%から借入金額に応じて15%〜20%に引き下げられました。
・10万円未満なら金利が20%
・10万円以上100万円未満なら金利が18%
・100万円以上なら金利が15%
と定められました。

 

銀行と比べると消費者金融の方が金利は高いですがそれほどの違いはなく、今では銀行と提携している消費者金融も増え安心して借入できるようになりました。

 

担保や保証人も必要なし!あなた自身の信用力次第だから実はとてもフェア!

基本的にキャッシングやカードローンは無担保、保証人なしで借りられます。
しかし消費者金融からの借入のはもちろん審査があり、そこで見られるのが返済能力の他に信用性も見られます。
消費者金融が信用性を確認する方法は、安定した収入があるか、仕事をしているか、勤続年数や信用情報の内容、つまり今までに借入がある場合に毎月きちんと返済が出来ていたか、などを見て信用性を確認します。

 

実績のある企業や、正社員なら最も評価は高くなり、信用性が上がり消費者金融も問題なく貸し付けをしてくれるでしょう。
なので消費者金融も信用性のある人にしか貸付はしません。
しかし担保や保証人がなくても借りれるので、自分に信用があるのであれば、フェアに貸付をしてくれるのです。

 

消費者金融はいわば「個人のための銀行」!臨機応変に活用しよう!

消費者金融のイメージは昔のイメージが強く、悪いイメージがありますが、お金に困っている人にはとても有り難い機関なのです。

 

銀行のカードローンなどは堅い金融機関ということで安心出来ますが、消費者金融よりも審査が厳しく通らない事もあります。
そんな時、銀行の審査に通らなかった人でも消費者金融なら、審査の緩い会社もあるなど、消費者に近い存在だと感じます。

 

消費者金融は闇金ではありません。
信用情報機関に加盟し、法律に従って運営しているので安心でき、そして今の大手の消費者金融は、まるで銀行対応のように丁寧な受付、借入審査、返済の説明を受ける事ができるため、今までのイメージとは違い、逆に安心してしまうほどになっています。

 

利用方法を誤らなければとても便利な機関なので利用するなら返済計画をきちんと立てた上でお金を借りれば消費者金融は怖くありません。

 

またきちんと返済能力があると認められればお金を貸してくれるので、その人の今までの実績や担保といったものがなくてもお金を借りることができるのです。
つまりその人に対する貸付「個人のための銀行」といったイメージですね。

 

お金に困ってすぐに必要な場合、消費者金融を利用してみるのもいいでしょう。

 

すぐに借りれる即日融資が魅力の消費者金融

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン