安い掛け金が魅力!話題の少額短期保険(ミニ保険)の特徴を解説

少額短期保険(ミニ保険)ってどういう内容なの?

 

みなさんは、少額短期保険(ミニ保険)のことを知っていますか?
これは、2006年4月の保険業法改正の時に生まれた、少額短期保険会社だけが扱っている保険のことをいいます。
具体的には、生命保険や医療保険なら1年、損害保険なら2年と、契約期間に上限を設け、支払われる保険金が低く設計されている保険商品のことをいいます。
支払われる保険金が低いということは、支払う保険料も安く済みますから、利用方法によっては家計にやさしい商品といえます。

 

少額短期保険(ミニ保険)の普通の保険は何が違うの?

 

少額短期保険(ミニ保険)は、保険金が少額で、契約期間が短期なので、通常の生命保険会社や損害保険会社にはない、ユニークな保険商品がたくさん用意されています。
例えば、ペット保険や日本在住の外国人を対象にした生命保険・医療保険、シニア向け保険、家財・孤独死保険、既往症にも対応できる保険、弁護士費用保険などです。
そのため、通常の保険に加えて、足りない部分をカバーすることも、自分のライフスタイルに合わせた保険商品を選んで加入することもできます。

 

メリットとデメリットを検討し、少額短期保険(ミニ保険)に加入しよう!

 

少額短期保険(ミニ保険)のメリットとしてあげられるのは、保険料が割安であること、持病があっても加入できる商品があること、通常の保険会社にはない商品が用意されていることがあげられます。
とはいえ、少額短期保険(ミニ保険)にはデメリットもあります。
まず、少額短期保険(ミニ保険)は掛け捨てなので、一生涯の保障や貯蓄は期待できないことです。
そして、通常の生命保険や損害保険の場合、年末調整や確定申告で税額控除を受けることができますが、少額短期保険(ミニ保険)の保険料は適用外になります。
少額短期保険(ミニ保険)にも、火災保険や地震保険がありますが、これらも損害保険料控除は適用されません。
それだとデメリットだけが大きいように見えますが、通常の損害保険会社では火災保険の加入がないと地震保険に入れませんが、少額短期保険(ミニ保険)の場合は、それぞれ単独での加入が可能です。
生命保険や損害保険の控除額にも上限があるのですから、節税効果がないのであれば、安い保険料の少額短期保険(ミニ保険)を併用し、費用を浮かせるという方法もあります。
社会保障制度が不安定な今こそ、様々な保険商品を上手に活用し、自分や家族が困らないように準備しておきましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン