多重債務者を食い物にする悪徳金融「紹介屋」ってどんな詐欺?

被害者が急増!「紹介屋」とはどんな金融業者なのか

 

みなさんは、「紹介屋」という言葉を聞いたことがありますか?
紹介屋とは、「知り合いの業者から借りられるようにする」といい、金融会社から受けた融資の何割かを紹介料として要求する業者のことをいいます。
近年では、債務整理ができる金融会社を紹介するという名目で申込者を店頭に誘い込み、弁護士を紹介することで利益を得る紹介屋も増えているようです。
また、紹介屋の中には申込者の名簿を闇金業者に売り渡しているものもいるといいます。
こうした被害にあわないために、紹介屋の手口をきちんと覚えておいてください。

 

多重債務者は要注意! 事前に知っておきたい「紹介屋」の手口とは?

 

まず、紹介屋は消費者金融などを紹介することが仕事だと思い込んでいる人が多いですが、これは間違いです。それは、紹介屋の手口をみれば明らかです。
一般的な紹介屋のメインターゲットは、まだ消費者金融で借り入れができる申込者です。
まだ、個人で借り入れが可能な申込者に対し、「あなたはブラックリストに載っているので、他社からの借り入れはできない」と巧みに言い聞かせ、「自分が知っている金融業者なら小口の借り入れができるようにする」といい、消費者金融の無人契約機で申し込みをさせ、借り入れができた時にその半分以上を手数料として振り込ませるというものです。
ですが、多重債務者はそういうわけにはいきません。
その時は、紹介屋が闇金業者を紹介し、そこから手数料を得るのです。
闇金業者から借金をしてしまえば、いままで通りの生活を営むのは難しくなります。

 

「紹介屋」が弁護士を紹介することは、犯罪行為だと認識しよう!

 

債務整理のプロとして弁護士を紹介された場合は、弁護士費用を高めに請求されることはあっても、これをきっかけにやり直せるという多少のメリットがありそうです。
ですが、弁護士資格がない人が弁護士に債務整理のあっせんをすることは、法律で禁じられています。
それを行っている弁護士が、申込者の立場にたって債務整理をしてくれるはずがありません。
債務整理をすることで、一時的に資格制限を受けたり、ブラックリストに名前が載るなどのデメリットもありますが、まっとうな金融業者から借り入れができない時点で、借金を借金で返す生活を見直すほうがよいのです。
紹介屋の餌食にならないためにも、金融業者や債務整理の知識を身に付けておきましょう。

 

悪徳業者に引っ掛からないための闇金・金融犯罪への知識も必要

 

もしも闇金融に手を出してしまったら・・・


>>借金問題解決無料相談Q&Aへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン