社債と株式ってなにが違うの? サラリーマンなら知っておきたい違い

会社が発行している「株式」と「社債」って何が違うの?

 

「株式」も「社債」も、企業が一般からお金を集める手段です。
ですが、その性質は大きく異なります。
まず株式とは、株を購入することで、その企業の経営に参加するということです。そのため、持ち株に応じて、利益の配分を受けることができます。
一方の社債とは、債券を購入することで、企業に対して資金を提供することです。そのため、購入時に償還日が設定され、期日は償還金額(元本)を全額返済しなければなりません。そして、返済までの期間は、利息をもらうことができます。

 

株式と社債では、企業の発行責任が違う!

 

株式と社債ですが、それを発行する企業からみると、責任に違いがあります。
株式とは、出資証券です。そのため、株式を発行した企業は株の購入者に対し、出資金の返済義務を負いません。
そのため、株式の持ち主が市場で自由に売買することが可能です。
一方の社債は、借用証書のようなものです。そのため、社債を発行した企業は保有者に対し返済義務を負います。
社債をお金に換えたい時には、満期時の償還を待つか、売却することになります。

 

購入者からみたメリット・デメリットを検討して選ぼう!

 

では、株式と社債を購入する側からみると、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
株式を購入すると、企業の業績によって利益配当金が得られたり、株主優待を得ることができます。また、株価が上がっている時に売却すれば、利益を得ることも可能です。これらはメリットといえるでしょう。
ですが、企業の業績が悪ければ、利益配当金が無配になることもありますし、会社が倒産すれば株式が無価値になるのはデメリットといえます。
一方の社債は、発行元企業にお金を貸している立場なので、企業の業績が悪く、たとえ赤字であっても、配当があり、元本は償還されます。それを企業が保証してくれるのは、メリットといえます。
ですが、発行元企業がどれほど利益を出していても、社債保有者に支払われる金額が増えることはありません。それが、デメリットです。

 

株式と社債のどちらを選ぶのかは、資産運用の考え方によるので、一概に決められません。
どちらを購入するにせよ、証券会社に口座を開かなければなりませんので、その際に相談してみるのも一つの方法です。
証券会社にも、店舗型とネット型がありますので、相談に行く時間がとれるかどうか、その程度の資金を投入する予定なのかを検討し、自分に合ったところを探してみることをおすすめします。
十分にリサーチの上、信頼できる証券会社を見つけてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン