専業主婦の借入は受難の時代

専業主婦にはいい時代?貸金業法改正前はどうだった?

貸金業法が改正される前は収入の状態を確認することなくお金を貸してくれていた時代でした。
なので、専業主婦も夫の収入を家庭内の収入として申請すればお金を貸してくれていたのです。

 

また収入がどれくらいあるか、という確認も自己申告で済んでいたところもあり、明確な制限もありませんでした。
また貸金業者間の情報共有というのも今ほど発達しておらず、それぞれが大きなお金を貸してくれていたため、借金を借金で返してしまうことができていたのです。
しかしそのせいで、合計すると収入を大きく上回り、とても返済不可能な金額になってしまう例も多かったのですが、複数の業者を回ればそれぞれがお金を貸してくれていたので自転車操業が成り立ってしまっていたのです。
このような状況で多重債務の人が続出し、自己破産や借金を苦に自殺をする人が増加したため、大きな社会問題となりました。
このような背景があり、貸金業法は改正されることとなったのです。

 

 

消費者金融が専業主婦をシャットアウト!貸金用法改正後の変化は?

2010年に完全施行された貸金業法が大きく変わったのは次に3つです。

・総量規制
借入残高が年収の3分の1以上になった場合、新たに借入ができない。

 

・上限金利の引き下げ
上元気んちが29、2%から借金額に応じて15%〜20%に引き下げられた。

 

・貸金業者に対する規制の強化
国家試験のある者を営業所に置くことが必要になった。

などとなっています。

 

この法改正後、収入のない専業主婦は借入をすることが出来なくなったのです。

 

しかし特例条件として、配偶者貸付制度というものができ、配偶者(夫)の収入で審査を通せば、専業主婦でも借入できる制度ができました。

 

しかし、消費者金融はそういった制度を活用せずに、ローンに申し込める条件として一定以上の安定的な収入というところを定め、無収入の専業主婦は完全お断り状態となってしまい、借入をしたい主婦の行き場が失われたのです。
年収の3分の1以上は貸せないという総量規制に完全に則った形での営業ですね。
そもそも収入のない専業主婦は当然ローンを申し込むことすらできません。
※実際にアコムやプロミスなど大手の消費者金融では専業主婦は申し込めないと書いてあります。

 

そんな時代に救いあり!今は銀行が専業主婦の味方です

消費者金融会社は原則として、仕事していない方や無収入の方には融資はしてくれません。
しかし総量規制の対象は消費者金融で、銀行のカードローンなどは対象外になっているので専業主婦でも借入することが出来るのです。

 

これらの銀行は夫の収入などの証明も必要ない、専業主婦専用の枠を設けていたりするのです。
ただし、限度額は30万~50万円と低めに設定されていますが、急場しのぎの用件なら充分な金額といえるでしょう。

 

専業主婦でも借入が出来るとしても生活に負担にならないように借り、上手にやりくりできるように計画を立てて借りるようにしましょう。

 

専業主婦でも借りれる総量規制対象外

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン