お金の過ちは繰り返す!債務整理は2度できる?

自分に合った債務整理を4つの方法から探そう!

 

もし、多重債務があり支払いに追われて生活に困っているなら、債務整理をすることをおすすめします。
債務整理には「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」という、4つの方法があります。
「任意整理」とは、債権者と利息の再計算をして借金の返済額を減らしてもらったり、支払方法の変更について話し合い、見直しをする手続きです。
「特定調停」とは調停委員のもとで、債務者が債権者と借金の減額やその後の分割払いの条件を交渉するもので、簡易裁判所で行われます。
「個人再生」とは、原則として借金の一部を3年間で支払うことを条件に、その後に残る借金を免除してもらうもので、裁判所への申し立てが必要です。
「自己破産」とは、裁判所に支払い不能であることを申し立てて免責を受けることで、借金を免除してもらう方法です。財産を清算しなければなりませんが、借金をなくすことができます。
弁護士や司法書士に相談し、自分の就業状況や返済可能額を勘案した上で、最適な方法を選びましょう。

 

過去に債務整理した経験があっても、もう1回行うことはできるのか

 

債務整理には回数制限はありませんので、過去に経験があっても、もう1回行うことは可能です。
ですが、1回目にどんな方法で債務整理を行ったのかによって、手続きを開始できる期間が異なりますし、2回目は難易度があがるのは間違いありません。
過去に行ったのが任意整理や特定調停の場合は、すぐに手続きができますし、承認される可能性が高いです。
ですが、個人再生や自己破産を行った場合は、7年を経過しないと新たな手続きができませんし、承認される可能性が低いのが現実です。

 

2回目の債務整理を行う時こそ、信頼できる弁護士に任せよう

 

もし、2回目の債務整理を行うなら、自分が選べる方法は何かを確認する意味でも、弁護士に相談することをおすすめします。
1回目の債務整理を自ら行っていたとしても、2回目の手続きは同じ手順というわけにはいきませんし、承認してもらうためには債務整理に詳しい、信頼できる弁護士に依頼するのが一番です。
報酬を分割払いしてもらえるかどうかも確認の上で、弁護士に依頼しましょう。

 

2回目の債務整理なら弁護士に相談

 

借金解決の一歩目はおまとめローンから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン