老後の生活資金に1億円必要というのは本当か?その根拠を検証してみた

本当に老後資金に1億円も必要なの?

 

年金問題が声高に取りざたされるようになってから、老後の生活資金について特集が組まれる機会が増えています。
そして、「老後資金に1億円が必要」というフレーズが、いつの間にか定着している感があります。
老後資金に1億円が必要とされる根拠は、65歳から90歳まで、月に35万円で生活するという計算で算出されているからです。
もし月50万円で生活したいなら1億5000万円が必要ですし、サラリーマン夫婦の平均受給額である22万円で生活しようと考えるなら、6600万円で十分です。
老後資金に1億円必要かどうかは、自分が老後にどんな生活がしたいかによるのです。

 

実際に必要な老後資金はどうやって試算したらいいの?

 

では、自分の老後に必要な資金は、どうやって試算すべきかを考えてみましょう。
まず、基本生活費を算出します。ここには、食費や住居費、水道光熱費、家具・家事用品、被服費、保険医療費、交通・通信費、教育・教養娯楽費、交際費、雑費などです。
世帯主が60歳以上で無職の場合の出費の総額は、平成26年度の「家計調査年報」によると、23万9485円になっています。
60歳から85歳までの25年間の生活費だけで、およそ7200万円が必要だということです。
また、介護費用や住宅のリフォームや修繕、緊急予備費として500〜1000万円程度、用意しておくのが望ましいとされています。

 

老後資金を用意するために資産運用を考えよう

 

現在の公的年金で考えてみると、平成26年厚生労働局年金局調べによると、厚生年金の月額が約14万5000円、国民年金が5万4000円とされています。
サラリーマンの場合は、退職金をもらうこともできるので、こうした自分の収入を試算した上で、足りない分を準備しなければなりません。
マイナス金利が導入され、銀行預金が資産運用として効果を発揮しないことを考えると、投資を検討するのも一つの方法です。
長期投資は福利の効果を利用できるので、効率よく運用できます。
また、投資のリスクを下げるために銘柄を分散させるのもおすすめです。
上手に資産運用して、老後に備えておきましょう。

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン