安易にリボ払いにしてない?実はカードローンのほうが安心な場合も

返済額が抑えられて便利!リボ払いとはどんな支払方法?

リボ払い(リボルビング払い)とは、クレジットカードやカードローンの返済方法の1つで、回数を指定する分割払いとは違い利用額に関わらず毎月の返済額を一定にする返済方法のことです。

 

一度に引き落とされる金額がきつい場合、リボ払いなら毎月の返済額は一定なので、単純で分かりやすく、管理がしやすいというメリットがあります。

 

そして繰り上げ返済ができる場合もあり、毎月決められた返済額に足して借入の一部を返済することができ、繰り上げ返済の分は元金返済に充てられるので返済期間も利息も小さくすることができます。

 

ちっとも元金が減らない!リボ払いって本当に便利?

しかしリボ払いにはデメリットがあります。
一見便利で毎月の負担が少なく返済できるというメリットがありますが、これがデメリットにもなってしまうのです。
なぜかというと、利用額は増えていく一方、返済額は一定なので変わらないということは、返済期間が延びていき、その分利息もかさんでしまうので、多くの利息を払わなければいけなくなってしまうのです。

 

そしてリボ払いの金利は分割払いに比べて割高になっている会社が多いということもデメリットでしょう。

 

分割払いの場合、買い物に対して支払い回数が設定されるので、複数の買い物を分割払いにするとその分毎月の支払い額も増えるので危機感を感じやすいのですが、リボ払いはいくら買い物をしても毎月の返済額は変わらないので危機感を感じにくいということもデメリットになってしまうでしょう。

 

そんな危機感を感じないまま利用を続けた結果、返済期間が延び、その分利子も付いてくるので気づかない間にとんでもない利子額になり、支払いしている金額は利子ばかりにあてられて、元金は減っていないという最悪の状態になってしまう恐れもあります。

 

その時はすでに多重債務となりおまとめローンで一本化するか最悪の場合は債務整理するしかなくなってしまいます。

 

おまとめローンの審査クリアで借金解決!

 

目先の返済のしやすさよりも返済計画を立てることができるカードローンのほうが安心!

目先のことだけ考えているとリボ払いが得のような感じがしますがリボ払いには落とし穴があり、便利そうで実は怖いものだということがいえます。

 

そんな時返済方法としてリボ払いではなく、少し面倒ですがカードローンでお金を引き出して支払いをしカードローンの返済をしていく方が得になります。
リボ払いもカードローンも利子は付きますが、銀行のカードローンなら金利も低く、返済計画が立てられ完済のメドがつきやすいのでおすすめです。

 

結論からいえばリボ払いを利用するのはあまりおすすめできません。
もしどうしてもリボ払いを利用するときは現在の利用残高、完済までの期間、利息総額などを常に確認して、カードの使いすぎには注意するようにしましょう。

 

クレジットカードのリボ払いをするくらいなら金利の安いカードローン

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン