リボ払いで借金地獄に陥ったら債務整理しかないのか

支払額が一定のリボ払いを使う人が借金地獄に陥る理由

 

クレジットカードやキャッシングには、リボ払いという支払方法が設定されています。
通常、商品先渡しの後払いであるクレジットカードやキャッシングによる借金は、一括返済が基本です。
ですが、借り入れが高額な場合に支払いしやすいように、分割払いやリボ払いを設定している金融機関がほとんどです。
分割払いは、商品それぞれに対して支払い回数が決まりますが、リボ払いにすると月に支払う金額が固定されているため、次々借り入れをしても、返済期間がどんどん伸びていくことになります。
そのため、気が付いた時には借入額が大きくなっていて、さらにそこに金利利息が加わるので、借金地獄に陥るケースが多いのです。

 

リボ払いの借金は任意整理できるの?

 

消費者金融でキャッシングした場合、任意整理をすることで、過払い金の返金や借金の総裁を行うことができます。
そのため、リボ払いでの借金も任意整理しようとする人が増えているようです。
実際、リボ払いになっている借金を任意整理することはできます。
ただし、リボ払いの任意整理をすると、個人信用情報機関に事故情報が記録されることになります。
いわゆるブラックリストに載ってしまうので、自分名義のクレジットカードが持てない、ローンの審査に通らなくなることも、理解しておく必要があります。

 

債務整理をすることで、将来の利息がカットできる可能性はある

 

そしてもう一つ覚えておかなければならないことが、リボ払いの金利は利息制限法の基準を守っているので、任意整理をしても借金が減るケースはほぼないということです。
とはいえ、借入額を減らすことはできなくても、リボ払いによって将来かかる金利をカットすることはできます。
借入額が高額だった場合、利息カットで返済総額が減るのは大きなメリットです。
こうしたメリット・デメリットをはかりにかけて、任意整理するかどうかを検討してみましょう。

 

債務整理でリボ地獄から脱出

 

リボ払いはおまとめローンもできます。
借金解決の一歩目はおまとめローンから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン