利回り投資の本命と言われる上場REITを緊急調査

いま話題の上場REITって何?その仕組みとは

 

いま、上場REITが注目されています。
上場REITとは、多くの投資家から資金を集め、それをオフィスビルや商業施設、マンションといった福栖の不動産購入の費用に充て、その賃貸収入や売買益を投資家に分配するという商品のことをいいます。
上場REITは不動産投資法人のような形態の会社で、そこで発行した「投資証券」を投資家が購入し、預かった資金を元に投資・運用するという仕組みで成り立っています。
とはいえ、上場REITは運用などお実質業務を行えないと法律で定められているため、実際の資産運用は運用会社、資産保管の業務は資産保管会社、事務業務は事務受託会社に委託するとい形式になっています。

 

マイナス金利導入の影響により、REIT投資が増えることが見込まれる!

 

近頃上場REITが注目されている背景には、2016年1月に導入されたマイナス金利制度が関係しています。
マイナス金利導入により、金利が下がったことで、風洞さん市場への参入者が増え、投資対象が広まったこと、賃貸用不動産が主な収益源である上場REITの収支には大きな変動がないことから、投資家が安定的な分配金を得ることが見込めるのです。
住宅ローンが下がって、不動産や建設者向けの融資が進めば、上場REITへの投資が増える可能性も高いです。

 

上場REITのメリットとデメリットについて理解しておこう

 

上場REITにも、メリットとデメリットがあります。
まず、上場REITのメリットとしては、少額で投資が始められること、複数の不動産事業に同時に投資できること、不動産取引の専門知識がなくても参入できること、証券なので現金化しやすいこと、不動産投資の運用収益のほとんどが投資家に分配されることなどがあげられます。
一方で、投資法人が倒産した時の救済措置がないこと、証券取引が基本なので投資法人の上場が廃止されると損害が甚大なこと、投資法人の吟子借り入れが多いと金利変動によって分配金額が増減すること、不動産市場全体の環境変化によっては分配金が下がること、自然災害で投資物件の資産価値が下がると証券価値も下がるなど、デメリットもあります。
リスクもあることを理解した上で、投資の手段として上場REITを検討してみるのも、よいかもしれません。

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン