SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの顧客属性と審査通過率

プロミスの2015年度の成約率は41.4%!

 

プロミスは、初回契約30日間無利息サービスがあることに加えて、インターネット申込なら14時以降の受付でも22時まで対応してくれること、三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座があれば、24時間最短10秒で振り込みしてくれることなど、魅力的なポイントがたくさんあり、申込者も多いようです。
ですが、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの2015年3月期の決算資料によると、同年同月の成約率は、41.1%となっています。2014年の同月は39.6%でしたから、前年よりは進化通過率が高かったということですが、誰でも審査に通るわけではないことがわかります。

 

新規顧客は20代、女性より男性の方が多い

 

では、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの新規顧客の属性はどうなっているのでしょうか。
2015年3月のデータで見ると、新規顧客数の69.5%を男性が占め、女性は30.5%にとどまっています。
新規顧客の年代の比率をみると、43.0%が29歳までとなっており、30〜39歳が22.7%、40〜49歳が19.1%、50〜59歳が10.7%、60歳以上が4.5%となっています。
成約した新規顧客のデータを見る限り、20代で安定収入のある男性だと、審査を通過する可能性が高いことが見えてきます。

 

年収200万以上の正社員なら審査が通る可能性が高い

 

では、新規顧客の年収別の分布はどうなっているかを見てみましょう。
年収が200万円以下の新規顧客は19.9%、200〜299万円だと26.5%、300〜399ま念だと26.9%、400〜499万円だと13.7%、500〜599万円だと5.6%、600万円以上は7.4%となっています。
このデータを見た限り、年収が200万以上で安定収入があれば、審査に通過する可能性が高いということです。
これらのデータを総合すると、年収200万円以上の正社員の男性は、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの審査を通過できる可能性があるということです。
まずはホームページで、借り入れ診断をした上で、申し込みをしてみましょう。

 

プロミスについて詳しくはこちら

 

人気の消費者金融キャッシングランキング

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン